グイン・サーガ118巻 クリスタルの再会(栗本薫)

ふ、不覚。まさか、グインを読みながら泣いてしまうとは思わなかった;;;グインを読みながら泣いたのは初めてだったような気がするなぁ・・・。

やっと、ようやぁーーーーーーとっ!パロへ到着。はぁ~~長かったなぁ・・・。なんだか、ようやく本来のグイン・サーガに戻ったようで、すっごく嬉しかったよぉぅ。久々に、夢中になって読めました。あ~ほっとした。

で、パロへ入る前にブランの決断。まぁ、しょうがないよなぁ。そうするだろうなぁ、と思ってたけど、出来ればそのままグインに同行してくれないかな~なんて思ってたんだけどね。でも、カメロンの下へ帰るというブランだからこそ、グインも「友」だと言ったんだろうしねぇ。そのブランとグインとの別れのシーンに、グッときましたねぇ。熱いものが湧き上がってきて、思わず涙が・・・。いつか再会できる日がくればいいなぁ。もちろん、戦場なんかじゃなく。

グインと再会したリンダの衝撃。そして、行動。あら、まぁ!という感じでして(笑)久々に、昔のリンダに会えたようで、なんだか嬉しかったなぁ。憂いに沈んだ未亡人なんて、ちょっとねぇ・・・だったしね。おまけに、あら?あらあらあらぁっ!という展開ですか?いや~そういう展開は大歓迎だからいいけど、先行している外伝から鑑みて、そう私の希望通りには進みそうもなぁ・・・。ちょっと残念。それにしても、それでも戻らないグインの記憶。・・・ここで戻さず、いつ戻すつもりなんだっ!?まったく。と文句の一つも言いたいよ。

そして、マリウス!もうね、なんなの!?このバカものーーーっ!と、雄たけびを上げたい。マリウスがうだうだ文句たれるのを読んでると、すんごくイライラするんですけど。この甘ちゃんを誰かなんとかしてくれぇーっ!ですよ。前はそこまで感じなかったんだけど、ここまでくるとねぇ;;;ムカツクとか、そんなもんじゃないよ。おまけに、フロリーまで巻き込もうとするし。ふざけんなっ!と、げんこの一つもお見舞いしたい気分。まぁ、でもなんだかフロリーの方が先に行動しちゃったんで、一緒に手に手を取って・・・ってことにはなりそうもないかな(笑)

この後、いつグインの記憶が戻るのか、フロリー母子をどうするのか、リンダとグインはどうなるのか、ケイロニアにはいつ戻るのか、まぁ~色々と気になること山積みです。どうか、この巻のような雰囲気で次巻も楽しめますように・・・。

クリスタルの再会 (ハヤカワ文庫JA ク1-118 グイン・サーガ118) (ハヤカワ文庫 JA ク 1-118 グイン・サーガ 118)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック