ワーキング・ホリデー(坂木司)

面白かった。
今まで読んだ坂木作品と比べて、ちょっと明るさが増した気がした・・・んだけど。スカッとした明るさというかね。読後感も暖かくって爽やか~な感じ。

設定も面白い。元ヤンキーでホスト。小学生の子供が転がり込んできたところで、転職して(させられて)宅配便の配達員。・・・ホストが宅配便の配達員だよ?そりゃ~ありかもしれないけど、ホストから力仕事への転職がすんなりいくところが凄い。凄いというか、一歩間違えれば無理がありすぎのような気が・・・。でも、そこで違和感を感じさせないところが凄いと思ったよ。

で。笑えるんだな、これが。ぶくくくくっと笑いを堪えながら、昼休みの会社の机の上で読む辛さ。周りを気にせず大笑いしたーーーいっ!と何度、思ったことか。楽しくってページを繰る手が止められない。先へ先へと読み進めたい衝動を押さえられない。でも、一方では読みたくない、という気持ちもあって。だって、最後は別れが待っているから。それが分かっているから、うはうは笑いながらも、一抹の寂しさを抱えながらの読書になりました。

最後は寂しく思いつつ、暖かい気持ちになれた作品だったなぁ。笑いあり、涙あり、ちょっと心にチクリときたりもあり、そして、ほのぼのほんわかもあり。この著者、いいですね。とっても好きです。他の作品も、がんがん読みたくなっちゃいます。・・・すでに、貪るように読んでるけど(笑)

それしにても、この息子!小学生のクセに家事を見事にこなし過ぎ!小学生の男の子にここまでやられちゃったら、大人の立つ瀬がないじゃんねぇ。坂木作品って、料理上手な男性がやたら出てくるよなぁ。

そうそう。他作品の影もチラリと見えて嬉しかったですね。新井クリーニング店に栄三郎。栄三郎さんのお名前が登場した時には、あまりの嬉しさに「えいざぶろぉーーっ!」と叫んでしまいました(笑)いつか、名前だけじゃ無くってご本人にも登場してほしいなぁ・・・と思うのは、読者のワガママなんでしょうかね。


ワーキング・ホリデー

この記事へのコメント

2007年12月13日 19:43
この作品は良かったですね~~。
非常に楽しくて、切なくもなりつつ、読後感のあったかいこと!
進くん、私んちに来て家事やってくれないかなぁ~(笑)
小学生とは思えないほどしっかりしてましたよね♪
ストーリーも良かったですが、他の作品とのリンクを発見してニヤリとしてしまいました。
こういうの楽しいですね。
でも、今度はちょっとだけでいいから栄三郎さんに直接登場してほしいですね!!
まみみ
2007年12月13日 22:41
いいですよね~この作品。わたしも貪るように読みました(笑)すずなさんも言われるように、明るいテイストがよかったですね。
この料理上手な男性がよく出るってのは、坂木さんの周りに該当する男性がいるのかもしれないですね。と妄想するわたくしです。
あ、あとこちらのブログを拝見するまで、栄三郎さんのことはまるっきり見落としてました!あわわ。こんな調子で読み飛ばしてるところが多そうだわ……
2007年12月13日 23:14
コメント&TBありがとうございましたv
坂木さんの作品、これからチェックしていこうと思っているところなのですが、『ワーキング・ホリデー』、楽しそうなお話ですね。
栄三郎さんが出てくるとあっては是非読もうと思います☆
すずな@主
2007年12月14日 10:40
>エビノートさん
あったかさを感じる読後感。なんか楽しくって、良かったぁー♪という気持ちになりましたね。
進くんには我が家にも来て欲しいっ(笑)
ほんの一言でも、他作品とのリンクは嬉しいですよね。是非ともシリーズ化してもらって、栄三郎さんにも登場願いたいものです。

>まみみさん
今までに読んだ作品に無い”明るさ”を感じられて、読後感がとっても良かったですね。
坂木さんの周りに料理上手な男性の影!その可能性は大ですね。う、羨ましいっ!(笑)
栄三郎さんはお名前だけが本当にチラっと登場でした。あのシリーズは、最近、読破したので気付けたのかも^^;そうじゃなかったら、絶対にスルーしていた自信があります(笑)

>ぽっぽさん
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!再訪いただけて嬉しいです♪
この作品は楽しかったですよ。おすすめです!是非、お手に取ってみられてください。
栄三郎さんは、お名前だけがチラリと出てくるだけです;;;ご期待には添えないかも^^;
2007年12月15日 01:51
爽やかでしたね。
すれ違うことがあっても二人の絆が確かにつながっていく感じがなんとも気持ちよい作品でした。
個性的でやさしい登場人物たちにも好感が持てました。
すずな@主
2007年12月15日 15:29
>藍色さん
大和と進の二人に絆に、うるうるしたり、ほっこりしたりと、爽やかで楽しい作品でしたね。
他の登場人物たちも、それぞれいい味だしてましたね!
たまねぎ
2008年02月08日 20:54
エッ!栄三郎って叫んでるってことは、そこにも他の作品への繋がりがあったのですか。クリーニングって事は後書きにもあった『切れない糸』ですよね。どこまで繋がるんだ坂木作品は。読みたくてたまらない私はもういいカモになってそうです。
すずな@主
2008年02月09日 11:01
>たまねぎさん
栄三郎さんはですね、「ひきこもり探偵シリーズ」に登場されるいぶし銀のようなおじいちゃんです。私のご贔屓キャラさんです(笑)
ホントにどこまで繋がっていくんでしょうね。まんまと乗せられている私も、いいカモのようです^^;

この記事へのトラックバック

  • ワーキング・ホリデー 〔坂木 司〕

    Excerpt: ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 21074おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-12-13 19:35
  • 「ワーキング・ホリデー」 坂木司

    Excerpt: ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 10602Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 「初めまして、お父さん」 親子の夏が始まった-。.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-12-13 22:38
  • 「ワーキング・ホリデー」坂木司

    Excerpt: ワーキング・ホリデー坂木 司 (2007/06)文藝春秋 この商品の詳細を見る うわっ!こんな表紙やったのか。書店のカバーを付けたままやったので、今まで知らんかった。 ホストクラブ「�..... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-12-15 00:03
  • ワーキング・ホリデー 坂木司

    Excerpt: 装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号~2007年5月号。 主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子と名乗る小学五年.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-12-15 01:51
  • ワーキング・ホリデー 坂木司

    Excerpt: ワーキング・ホリデー この本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった!やっぱ坂木.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-01-02 16:37
  • ワーキング・ホリデー  坂木司

    Excerpt: 坂木さんは創元社のシリーズが長いこと本棚の肥やしになってしまっているのですが、今回はそれを見て見ぬふりをして図書館から借りてきたこの本を……。 クラブジャスミンで働くホストのヤマト。ある日勤.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-02-08 20:01
  • (書評)ワーキング・ホリデー

    Excerpt: 著者:坂木司 ワーキング・ホリデー(2007/06)坂木 司商品詳細を見る 「初めまして、お父さん」 ヤンキーあがりのホスト・大和の仕事場にや�... Weblog: 新・たこの感想文 racked: 2008-05-02 19:16
  • 最近読んだ本

    Excerpt: 「警官の血」/佐々木 譲(新潮社刊)   安城清二、民雄、和也・・・。親子三代に渡っての警察官一家。 しかも東京の駐在所勤務。清二の死に息子民雄は疑問を持つ。その周辺を調べながらも、自ら事件に対峙.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-06-06 08:23