彩雲国物語 外伝1 朱にまじわれば紅(雪乃紗衣)

4編の外伝を納めた短編集。
本当はこの外伝よりも本編4巻が先に発行されてるんだけども。4巻は図書館で貸し出し中だったので、我慢できずに先に読んでしまいました。

いや~いやいや、いやいや。笑った!泣いた!・・・悶えたっ!!

もうね、黎深叔父さんってば可愛いです~可愛すぎです~(笑)前から思ってたけど、今回特に感じました。いいねぇ。私の中で、絳攸&楸瑛コンビを抜くイキオイで黎深叔父さん株急上昇中です。

「幽霊退治大作戦!」では、絳攸の生真面目さに、うぷぷぷぷ、かわいー♪と母性本能を刺激されまくり、「会試直前大騒動!」では、静蘭さえも軽くあしらう胡蝶姐さんに惚れ惚れし、「お見舞戦線異状あり?」では主上のいい男っぷりにコロリとなりそうに(・・・なったかも?)なり、「薔薇姫」ではしっかり主上にヤラレたのでありました。

そして、チラリと登場するだけなのに、いい男達を鼻で笑うかのような黄奇人。いやーん、大人の魅力も捨てがたいですぅーっ、とすっかりキャラ読みな私でありました。もうね、いい男達のオンパレードよね。なんだかんだ言いつつ、楸瑛もカワイイヤツじゃないかっ、とか、おとっちゃんはサスガですなぁ、とか。そんなこんなもありましたが、やっぱりおっかっさんスペシャル(笑)いや~なかなか強烈なお方だったようです、秀麗のお母さんってば。そのうち本編でも何かしら登場するかな。それとも、外伝で読めるかな。楽しみがまたひとつ増えました。

さて、次は漫画版を読まなくちゃ!(笑)


【彩雲国物語】
1)はじまりの風は紅く
2)黄金の約束
3)花は紫宮に咲く
4)想いははるかなる茶都へ
5)漆黒の月の宴
6)欠けゆく白銀の砂時計
7)心は藍よりも深く
8)光降る碧の大地
外2)藍より出でて青



彩雲国物語 朱にまじわれば紅 (角川ビーンズ文庫)

この記事へのコメント

2007年12月04日 12:15
ほんと、このシリーズは読んでいて楽しいんです。
黎深叔父さんもgoodですねぇ。うちの家族、みかんを見るだけで笑っているし。
漫画の感想も楽しみにしています。笑
すずな@主
2007年12月05日 07:07
>あまねちゃん
もうね~、黎深叔父さんに笑い転げましたよ!素敵です(笑)
続きが早く読みたくなってきちゃいました;;;そのうち「へるぴみー!」するやもしれません^^;
漫画も読んだ!感想は別ブログへ近日中にUP予定です。

この記事へのトラックバック