家日和(奥田英朗)

あ~面白かった!なんだか久しぶりに、何も考えずにうはうは笑いながら読んだような気がするなぁ~。

”家”をテーマにした6つの短編集。解説によると”在宅小説”だそうな。なるほど。うん、うまい表現だ(笑)

妻と夫のどちらかが主人公で、6組の夫婦が描かれる。ネットオークションにはまる専業主婦、会社が倒産して主夫になった夫、妻と別居し家の中を自分好みに替えることに熱中する夫、内職斡旋会社の営業マンを相手に妄想する妻、転職を繰り返す夫を持つイラストレーターの妻、そしてN木賞受賞した途端、妻が”ロハス”にハマった小説家まで(笑)

どのお話も、誰もがキッカケさえあれば陥るんじゃないかというリアリティがあって、おまけにピリリと風刺が効いてて、そしてクスリと笑えるお話達ばかり。どれも甲乙付けがたいくらい、楽しく読めました。

特に、最後のN木賞作家を主人公にした「妻と玄米御飯」が好き。とっても笑えましたね~。ロハスに心の中で突っ込みをいれつつも、玄米で体調は良くなるし、ヨガは気持ちがいい!と認めざるをえない。そして、妻を含めロハスにハマる人々を自分の小説のネタ(ユーモア小説)にしたい!傑作が書けるのに・・・と葛藤する職業病的なところ。読みながら、うぷぷぷぷと笑わせてもらいました。最後のオチには手を叩いて爆笑したいくらいでした。
実はですね、私もお昼のお弁当以外は玄米御飯で、最近、ヨガを始めたばかりでして、効果に頷きつつ読みました(笑)だって、本当に玄米御飯でお通じが良くなったんですよ。効果抜群です。おススメです!ヨガは始めたばかりで、レッスンに行く度に筋肉痛に襲われたりしますが、肩凝りが少しずつ軽くなってきてる!・・・ような気もします(笑)
小説じゃなくって、もしかしてエッセイなのか!?と、そんなことまで想像しちゃえる楽しさも味わえました。


家日和

この記事へのコメント

2007年11月08日 22:23
ユーモアに溢れていて、楽しく読める一冊でしたね。風刺が効いているところは、ヒヤヒヤするところもあったんですが、それもまた楽しいという感じで。
「妻と玄米御飯」は、ほとんど実話なんだろうな~と思っちゃうくらいリアルでしたよね。
あの原稿、読んでみたいです。
2007年11月08日 23:05
ホンワカ気分で、楽しい本でしたね。
どこにでもありそうな、ネタ。
見方をかえると、こんなにいい物語になるんですね(笑
TB,コメントありがとうございました。
2007年11月09日 02:08
奥田さんらしいユーモアがいっぱいで、読んだ後すっきりしましたね。
玄米御飯って効果抜群なんですね。試してみようかな。
ヨガは痛いのは、ちょっと…(笑)。
すずな@主
2007年11月09日 13:47
>エビノートさん
風刺が効きすぎてヒヤヒヤもありましたねぇ(笑)でも、そこも魅力でしたね。
私も”あの原稿”読んでみたいです!どっかで発表してくれないかしら・・・無理かな(笑)

>じゅずじさん
どこにでもありそうなところが親近感を持てて、楽しく読めましたね~。
そうそう。”倒産”して主夫とか、見方を変えただけで随分と印象が変わるものだな~と思いました。
こちらこそ、TB&コメントありがとうございました。

>藍色さん
奥田さんらしい笑いで、楽しく読めましたね。
玄米御飯は良いです!体質にもよるんでしょうが、私には効果抜群でした。友人にも勧めたらその友人もハマッテました(笑)
ヨガは私が運動不足だっただけだと思いますよ~^^;
たまねぎ
2007年11月10日 15:04
ロハスは笑いましたね。書いちゃえ書いちゃえと心の中で囃し立てながら読んじゃいました。読みたいですよね、あれ。
すずな@主
2007年11月10日 16:49
>たまねぎさん
そうそう。ロハスには、私も「書いて、書いてっ!」と心の中で煽りまくってました(笑)
気になりますよね。読みたいですね。
2007年12月14日 22:39
すずなさん、こんばんは(^^)。
笑いましたねぇ~、この作品は!
なんでこんな普通の「家(家族)」の物語が、これだけ笑えるのか。奥田さんの筆力ですね~。
私、大塚氏の『妻と玄米御飯』を読んでみたいです♪
すずな@主
2007年12月15日 15:27
>水無月・Rさん
最初から最後まで笑いっぱなしでした!
奥田さんってホントすごいですね。
大塚氏の幻の原稿(笑)読んでみたいですね
2008年03月31日 20:50
こんばんは。
この本、読み終わりました。穏やかで読みやすい本でした。
ロハスの幻の原稿、こっそり読みたいなぁ。大塚氏の家庭環境が、知人の話に似ていて微苦笑しました。
すずな@主
2008年04月01日 11:18
>あまねちゃん
何も考えずに笑って読める本だったね。
私も幻の原稿が読みたい!!(笑)

この記事へのトラックバック

  • 家日和 〔奥田 英朗〕

    Excerpt: 家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-11-08 22:01
  • 【家日和】

    Excerpt: 読んでて、「フフフッ」と微笑んでしまいました [:ラッキー:] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2007-11-08 22:59
  • 家日和 奥田英朗

    Excerpt: 装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-11-09 02:09
  • 家日和  奥田英朗

    Excerpt: 奥田さんの『家日和』です。このカバー写真は『small planet』の本城直季さんということで、実写になるわけですね。模型ではありません。いつ見ても不思議な写真です。この質感もさることながら、人っ子.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2007-11-10 15:08
  • 『家日和』/奥田英朗 ◎

    Excerpt: ほんわかした、家の物語・・・。内容が想像と全然違ってて、驚いた。なんかね、表紙のジオラマを見て「平穏そうに見えるこの街で渦巻く、家がらみの怨念!」とか「家にこだわるあまり生まれた悲劇!」みたいなホラー.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-12-14 22:37
  • 家日和

    Excerpt:  奥田英朗 2007 集英社 おうちに帰ろう。お出かけするのもよいけれど、我が家 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-03-31 20:45
  • 奥田英朗『家日和』

    Excerpt: 家日和奥田 英朗集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『家日和』を紹介します。本書は家庭にフォーカスを当てた短編集です。何かあるあると思わず言ってしまうようなものばかりですね。全体的に女性.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2009-11-02 14:53