4時のオヤツ(杉浦日向子)

桜庭一樹読書日記」を読んで興味を持った作家さん。早速、図書館で探してみた。エッセイも多いみたいで、どれもそんなに厚くない。これなら、一晩に数冊は読めるかも。9冊ってのは、ちょっと多すぎだけどね(笑)

タイトル通り”オヤツ”をテーマにした33の物語。ショート・ショート集。取り上げられているオヤツは、たい焼きにかき氷にまんじゅうにソフトクリームと素朴な昔ながらのものが多いかな。

オヤツを囲んで、男女、母娘、父娘、女同士の会話が進む。簡単なト書きが付いているものもあるけれど、ほとんどが会話の応酬だけで話が進められる。その何気ない日常の会話から、関係や背景がだんだんと見えてくる感じが、ちょっとしたミステリーを読んでいるようで、ワクワクしたりドキドキしたり。言葉の選び方が絶妙で、思わず「う、上手いっ」と唸りたくなるようなものばかり。特に最後の一言が効いていましたね~。そのオヤツの写真が付いていたのも良かったな~。うっわー美味しそう、と食欲をそそられました。

短いお話ばかりなので、就寝前に数章ずつ読んでいくのもいいかも。ただ、甘いものが食べたくなるという危険性が大だけど(笑)

4時のオヤツ

この記事へのコメント

2007年11月08日 23:53
ちなみに、マドレーヌはありますか?
すずな@主
2007年11月09日 13:49
ぶ。
残念ながら、マドレーヌは無かったようです(笑)

この記事へのトラックバック