彩雲国物語1 はじまりの風は紅く(雪乃紗衣)

ふ、不覚;;;
まさか、こんなに泣かされるとは思わなかった。まさか、こんなに面白い話だとは思わなかったぁーーっ。と、いろぉ~~~んな意味で不覚。

面白かった!めちゃめちゃ私好みのお話ではないですかっ!すっかりハマリましたよ。うっわー続きが早く読みたいです。きぃーっ、と暴れださないうちに早く読まねば(笑)小野不由美さんの「十二国記物語」をちょっと匂わせるかな、と思うけど、このお話はまた違った魅力があると思います。良いですぅーっ。これって、某国営放送でアニメ化されてるんだよねぇ・・・。始まった時に、ちらっと「見ようかな」と思ったんだけど、思っただけだったんだよね。あ~ぁ、見とけば良かった;;;でも、逆に見てなかったから、小説が楽しめたのかもしれないもんね。・・・と、前向きに(笑)

秀麗は彩雲国でも名家・紅家のお嬢様。名家なのに貧乏。そんな秀麗の元に舞い込んだオイシイ話。即位間もない王様の後宮に入って、政治に興味を持つように教育すること。高報酬に惹かれ飛びついた秀麗だったが・・・。

長く続いているシリーズの割には、先延ばしにしていてもよさそうな謎がホレホレと開示されていく。え~、それはもうちょっと先にとっといてくれればいいのに・・・と、少し不満に思ってたんだけどね。これって、著者のデビュー作らしいじゃないですか。(これがデビュー作ってのは凄いと思うけど・・・。)だから、恐らくシリーズ化するかどうかは微妙なとこだったんでしょうね。とりあえず、完結させとかなきゃっていう気配がありありと感じられる。最後の一文にしてもそうだしね。 もったいないなぁ・・・。それでも、続編がこれだけ続いてるてことは、まだ色々と色々と色々と謎が出てきたり(作ったり)したんだろうなぁ(笑)今後、どんな風に展開していくのか楽しみ♪

女の子が頑張るお話はいい。そして、見た目だけじゃなく内面をちゃんと見通す男が周りに揃ってるのが、益々いい(笑)こういうお話は大好き。それにしても、こういうお話では当然のように、いい男がわーーんさか(笑)どの人も捨て難いけど、やっぱりどうしたって青蘭がピカイチ!・・・と、私は思うんだけどなぁ。。。この展開から行くと、やっぱり主上なのかしら?むーーーん。

とにかく、続編を早く読まなくちゃ!あ~わくわく。


【彩雲国物語】
2)黄金の約束
3)花は紫宮に咲く
外1)朱にまじわれば紅
4)想いははるかなる茶都へ
5)漆黒の月の宴
6)欠けゆく白銀の砂時計
7)心は藍よりも深く
8)光降る碧の大地
外2)藍より出でて青


彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)

この記事へのコメント

2007年11月05日 20:08
わぁ♪彩雲国物語読み始めたんですねぇ。
小野不由美さんの「十二国記」が好きなら、これもいけるかもよ♪と、友人に薦められてハマってしまいました(といいながら、途中で読むのが止まってしまっているんですが…(^_^;)
面白いですよねぇ♪
2007年11月06日 00:27
横浜の中華街に行って、桃まんが食べたくなりますよ。きっと。
ついに着手ですね。アニメは原作に忠実に作られていますよ。見ていると仕事に遅刻する時間に放送されているので、あまり見たことはないですが。
私も最初は静蘭がかっこいいと思ったんです。
すずな@主
2007年11月06日 09:41
>エビノートさん
はい。ようやく読み始めました(笑)予想以上の面白さに、すーーっかりハマってしまいました!
エビノートさんも、これを機会に再開しませう♪お仲間、お仲間(^^)

>あまねちゃん
すでに食べたい。饅頭食べたい。食べたいぞぉーっ(笑)
・・・そんなこと言ったら、アニメも観たくなるじゃないかっ!うぅぅむ。再放送とかないかなぁ・・・。チェックしとこう。
”最初は”って、どういうことっ!?<静蘭
ぬぅ。だんだん主上あたりがかっこよくなるのかな?
2007年11月06日 10:44
12月は中華もいいなぁ…。
私、おじさん好きなので、邵可パパがお気に入りなのです。
いろんなハンサムさんが出てきますから、一人に絞るのは難しいものがあります。笑
すずな@主
2007年11月06日 13:58
>あまねちゃん
あ、いいね~中華。ぬほほ~♪とテンションがあがってきた。ちょっと早過ぎ(笑)

邵可パパか~。この人はただモンじゃないはず、と思っていたらやっぱりね、だった。
ますますご活躍中なのかしら。続きが楽しみ、楽しみ♪

この記事へのトラックバック

  • 彩雲国物語(1-12)

    Excerpt:  雪乃紗衣 角川ビーンズ文庫 既刊12冊。仕事を休んでいたのをいいことに、一気読 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-11-06 00:23