砂漠(伊坂幸太郎)

ちょっと久しぶり~の伊坂作品でした。

タイトルから、なんだか殺伐とした感じ?と思ってたんだけど、全くそういうことはなく。麻雀やバイトや恋愛に友情。そんな大学生活を送る5人の男女を描いた青春小説。・・・で、いいのかなぁ。なんか、”青春小説”って言葉に抵抗を感じないといえば嘘になる、というようなお話でした。なんじゃそりゃ、って感じだけど(笑)

登場する5人がそれぞれまぁ~ホントに個性的で。その5人が絶妙なバランスで、友情や恋愛感情を育てていくんだけどね。お見事!ってくらいに、シックリくるんだよなぁ。男3人に女2人なのに恋愛関係でゴタゴタはしないし。ってか、伊坂作品で恋愛関係でゴタゴタするのってあるのかな?全く考えられないような気が・・・。それとも私が覚えてないだけで、なんかあったけ・・・な?

そして、またしても(笑)とんでもない事件に巻き込まれる。いつものことながら、かなりショッキングな成り行きになるのに、やっぱり淡々と語られて『事件だっ!!』という印象がそこまで大きくならないんだよねぇ。そこに、伊坂さんの凄さを感じる。そして、そこが魅力だったりもするんだよね。日常でなかなか遭遇するはずのない事件と遭遇してるのに、なんだか日常のなかのひとつ、みたいな印象を受けるところ。サラリとした語り口が魅力です。

そして、ラスト近くになって、またもや「うっわーヤラレタ;;;」と思う。まさか時間軸がそうなってたとはね。うぬぬぬぬ。気を抜かず、色んなことに注意して読むんだった!と、ちょっと悔しい思いをしました。

サン・テグジュペリの作品から引用された言葉が印象的でした。私は、サン・テグジュペリといったら、「星の王子様」しか知らないんですよね;;;だから、作品名はなんだろう?とすっごく気になって。最後に参考文献として載っていたので嬉しかった。機会があったら読んでみよう。・・・”今度”って付かないところがポイントです(笑)

完爾じゃないんだけど、私も5人の友情、べったりではないけどアッサリ過ぎでもない、そんな関係をちょっと羨ましく思ったり。「砂漠」という社会に出ても、ずっと続いていくのだろうなぁと、そう思えました。

そうそう。麻雀の記述も多くって。全く分からない私は、その部分は思いっきり飛ばし読みしちゃいました(笑)でも、それでもストーリー的には大丈夫だったから良かった。・・・大丈夫だったのかな、ホントに。今になって少ぉーーし不安が・・・。

砂漠

この記事へのコメント

2007年11月27日 17:18
こんにちは。
こんなバラバラで個性的なメンツが仲良くなれるか?とちょっと思ったものの、それを受け入れるだけのものに大学生ってやつはなってる…ってことですかね。いやいや、わたしよりだいぶ大人だわって感心しました。
あと麻雀のところは飛ばし読みで大丈夫だと思いますよ!ちゃんと読んだけどわかんなかったんでたぶん。……大丈夫なはず(気弱)。
2007年11月27日 22:14
日常では経験出来ないことを軽やかに描くのが上手いですよねぇ。
深刻な部分も途中ありましたが、それを乗り越えていく友情も良かったです。
麻雀のことは全く分からなかったので、飛ばし読み。
麻雀牌を印刷できる技術に、すご~い!と感心したことしか覚えてません(^_^;)
2007年11月28日 00:57
 こんばんはー♪

 麻雀、わからずに読んだ人、
 他の方のレビューを拝見するかぎり、
 かなり多いと思いますよ。
 私もその1人ですが^^
 やっぱりちょっと不安だし悔しいですよねー(笑)

 5人の関係、なんかいいですよねー。
 伊坂さん作品たちのなかでも、
 1、2を争う好きな作品です^^
 
2007年11月28日 01:04
5人のキャラクターが魅力的な青春群像劇でした。
私も麻雀がわからないので飛ばし読み。麻雀がわかると、より一層楽しめたでしょうけど支障なしって思い込んでます(笑)。
すずな@主
2007年11月28日 12:02
>エビノートさん
最初にお詫びから。
不本意ながらご無沙汰してます;;;先日から急にlivedoorブログのサイト様へTB&コメントが出来なくなってしまったんです;;;URL無のコメントすら拒否られてしまって^^;こちらからのTB&コメントは暫くお時間をくださいね。
宜しければ、今まで同様TB&コメントの方をいただけると嬉しいです。いつでも大歓迎でお待ちしています!!

*****
伊坂さんって、日常ではなかなか遭遇しないであろうことを、日常のようにサラリと描いてありますよね。そこにとっても魅力を感じています。
私も麻雀牌が印刷してあるのは「スゴイっ!!」と思いました。大変だったんじゃないのかなぁ・・・とは思いますけど(笑)
すずな@主
2007年11月28日 13:15
>まみみさん
そうですよねぇ。あまりにも個性的過ぎる5人が仲良くなれるってのがスゴイです。私よりも大人みたいですね(笑)
麻雀の場面、ちゃんと読まれたんですね。すごい。私はチンプンカンプンでした^^;

>miyukichiさん
麻雀の飛ばし読みをされた方も多かったんですね。うわー安心しました(笑)あの場面に重要なことが書かれていたら・・・と実はちょっと不安もあったんですよ^^;
私も今まで読んだ伊坂作品の中で1,2を争うくらい好きだな~と思いました。

>藍色さん
5人それぞれをきちんと描いてあって、読後感が爽やかでしたよね。
藍色さんも麻雀は飛ばし読みされたんですね!お仲間がいっぱいで嬉しい♪「支障なし」って思い込むことが大事ですね(笑)
たまねぎ
2007年12月03日 23:49
麻雀は中の所がわかれば大丈夫です。鳥井を元気づけようと、西嶋が平和を築くという信念を曲げてまで勝ったってことで。
すずな@主
2007年12月04日 09:58
>たまねぎさん
麻雀のところは乗りで読みました(笑)
西嶋が信念を曲げて勝ったところはちゃんと読めたので良し、ってことですね!うん、そう思おう。

この記事へのトラックバック

  • 「砂漠」 伊坂幸太郎

    Excerpt: 砂漠posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.21伊坂 幸太郎著実業之日本社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-11-27 17:15
  • 砂漠〔伊坂幸太郎〕

    Excerpt: 砂漠 「大学の一年間なんてあっという間だ」 入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン……。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”囲まれた“オアシス”で 超能力に遭遇し、不穏.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-11-27 21:58
  • 砂漠/伊坂幸太郎 [Book]

    Excerpt:  伊坂幸太郎:著 『砂漠』  砂漠実業之日本社このアイテムの詳細を見る  これまで読んだ伊坂さんの作品中、  一番カラッとさっぱりした作風のように  感じました。  もちろんこれまでも、文体自体は軽.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-11-28 00:51
  • 砂漠 伊坂幸太郎

    Excerpt: 装幀・写真は大塚充朗。装画は清伊吹。岩手・盛岡に住んでいた僕、北村(語り手)は仙台の国立大学に入学し、新入生歓迎コンパに参加します。そこで描かれる何人かの個性的な若者たち。隣にいて自分のことを鳥瞰.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-11-28 01:05
  • 砂漠  伊坂幸太郎

    Excerpt: やませみみたいな頭をした鳥井はブルジョアだけど嫌味がなく、快活に笑う。将来はスーパーサラリーマンになる、だから今の内に遊ぶのさ。と、言い男女交際に勤しんでいた。 陽だまりのような雰囲気を持ち静かに微.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2007-12-03 22:04