高く遠く空へ歌ううた(小路幸也)

空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編・・・とは、ちょっと違うよなぁ。シリーズ2作目ってところでしょうか。

通算10人目の死体を見つけてしまったぼく、ギーガンの物語。
”感情”がない(わからない?)ギーガン。だから、9人目の死体であるお父さんを見つけたけれど、涙は流れなかった。そして、10人目の死体を見つけた後、知らないうちに事件に巻き込まれていく・・・。

うーん。なんというか、前作に続いて感想が書きにくい;;;死体を見つけた後も淡々と過ごすギーガン。そして、彼を取り巻く友人たち。彼らは、知らず知らず事件の核心に少しずつ迫っていって、ギーガンは涙を流せるようになって、顔には感情が表れるようになって、そして、最後にはタガイモノになってしまった犯人に辿り着く。辿り着いてしまう。ぶっちゃけると、まぁそれだけのお話なんだけどね。これだと、かなり素っ気無い感じなんだよなぁ・・・。だって、読み終わった後に、こう心に沁みるものってのがあるんだけど、それを上手く著せないんだよね;;;私の文章力の問題なんでしょうけど・・・。

前作同様、「解す者」とか「違い者」という人々が登場するにはするんだけど、最後の最後にちょっとだけ。彼らのことは、まぁーーーったく分からないままです。これはもう、「こういうもの」みたいな感じで、これから先も彼らのことが語られることはないのだろうなぁ・・・と思った。出来るなら、自覚した後の彼らの物語を読んでみたいと思うんだけどなぁ。無理そうですね。


高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction)

この記事へのコメント

2007年11月24日 01:19
こんばんは。
すずなさんが感じられてるその「感想の書きにくさ」わかります。読んだ当時の自分の文章見てもあまり内容に触れていなかったり…^^;
どんな作品でもきっちり感想書けるようになりたいなぁ~と思います。

シリーズとかいいつつ、これで終わっちゃってますよね。わたしもこの後の、その先の彼らの物語を読んでみたいです。
すずな@主
2007年11月24日 10:14
>まみみさん
この世界をどう言葉に表わせば;;;と困りました。もっと精進します(笑)

そうなんですよねぇ。この先の彼らの物語を読みたいですよね!
2008年01月08日 22:35
前作もだけど、このシリーズってとっても優しい雰囲気の小説ですよね。
でも、優しいとひと言で言っちゃうのも違うような気がして、私も上手く言葉に表せません(^_^;)
感想書くのって難しいですね~。
でも、続刊が出たら読んでみたいと思います♪
すずな@主
2008年01月09日 06:52
>エビノートさん
感想が書きにくいお話ですよね;;;そう思っているのが私だけじゃ無くって、ちょっとほっとしました^^;
私も続刊出たら読んでみたいです。

この記事へのトラックバック

  • 「高く遠く空へ歌ううた」 小路幸也

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううたposted with 簡単リンクくん at 2005.12.16小路 幸也著講談社 (2004.4)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-11-24 01:16
  • 「高く遠く空へ歌ううた」小路幸也

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction)小路 幸也 (2004/04)講談社 この商品の詳細を見る 本書は「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編です。 「ぼく、また死体を.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-11-29 16:40
  • 高く遠く空へ歌ううた 〔小路 幸也〕

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction)小路 幸也 講談社 2004-04売り上げランキング : 289375おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-01-08 22:21