彩雲国物語2 黄金の約束(雪乃紗衣)

彩雲国物語第2巻。

いよいよ本格的な連載開始!って感じの巻でしたねぇ。1巻は「完結させるぞー」っていう著者の意思がありありと窺える巻だっただけに、この巻の伏線ありあり感や引っ張り具合がなかなかでした。

それにしても、またまた良い男登場!ですよ。それも一人じゃないんだよねぇ。ぞくぞく登場!って感じでして。うはうはと読みながら、うーん;;;誰か一人なんて選べないぃぃっと唸る私は、何か間違ってるような気がする(笑)

そして、1巻に引き続き泣かされる。会社の昼休みにぐしゅぐしゅと泣きそうになってしまって、ちょっと焦ったー。まぁ、さすがにぐしゅぐしゅは堪えたけどね。でも、目が真っ赤に充血していたのは隠しようがなく・・・。暫く誰とも顔を合わさないように注意して、午後からの仕事に臨みましたよ。これから会社で読むのはやめよう。

秀麗が国試に合格したところで終わるこの巻。実はちょっと意外でして・・・。国試合格までに何巻か費やすのかなぁと思ってたんで、意外に早い展開にちょっと驚いてみたり。でも、これから厳しい道のりが待ってるんだよなぁ・・・。ま、秀麗が頑張るのはモチロンだけど、周りの男達がさりげなーくフォロー入れてくれるだろうし。でも、フォローの入れすぎはしないだろうからね。どんな感じでいい男ぶりを発揮してくれるのかしらん?と、秀麗の活躍ぶりと同じく楽しみですなぁ・・・うわー、色々と想像したら、ニマニマニヤニヤ怪しい人になってきた。いかん、いかん(笑)

そういや、主上のすっとぼけっぷりもお見事です!それでも、核心は外してないところもお見事です!でもでも、やっぱり私は静蘭が好きー♪今のところの一番のご贔屓でーす(笑)今後、がんがんご活躍されることを願っておりますです。

著者あとがきを読んだら、やはり続編は想定してなかったようで(笑)頑張っていただけたお陰で、私がこうして今、手にできることになったんだよね。ってなことをしみじみと思いました。心より感謝です。

さ、続きを読まなくちゃ!あ~楽しみー♪


【彩雲国物語】
1)はじまりの風は紅く
3)花は紫宮に咲く
外1)朱にまじわれば紅
4)想いははるかなる茶都へ
5)漆黒の月の宴
6)欠けゆく白銀の砂時計
7)心は藍よりも深く
8)光降る碧の大地
外2)藍より出でて青



彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック