青空の卵(坂木司)

詐欺だよなぁ・・・。う゛ーっと目を潤ませながら心で毒づく。ぎしぎし鳴る心の音を聞きながら、それでも読み勧めずにはいられない。なにこれ。ミステリならミステリらしくしててくれなきゃ困るじゃないか。この作品を「ミステリ」で括ってしまっていいのか!?文句のひとつも言いたくなるよなぁ・・・。フェイントだよ。お陰で、不意打ちくらって避け損なっちゃったじゃないか。くっそーと心で拳を握り締めつつ、続きが気になって目は文章を追うことを止められない。そのまま一気に読了。
・・・お陰で今日は寝不足だし(笑)

主人公が、ひきこもりの友人の元を訪れて身近で起こった不思議な出来事を語り、その話を聞いた友人が、安楽椅子探偵よろしく謎を紐解いていく。そして、友人はだんだんと外の世界への扉を開いていく・・・。そんな”連作推理短編集”。

これだけだと、先日読んだ「朝顔はまだ咲かない」(柴田よしき)と似た感じで、より本格的ミステリかな、なんだけど・・・。ところがどっこい。ミステリなんだと思いきや、ミステリよりも人間関係の方に重点が置いてあるって言うかさぁ・・・。いや、ミステリはミステリなんだけどね。でも・・・と言いたいぞ、私は!

ひきこもりの鳥井が主人公の坂木に一方的に依存してるんじゃなくて、坂木も鳥井にかなり依存していて。鳥井の世界が広がることを願いつつ、それを一番、恐れていたりもする。誰とでも付き合えるようになったら、俺は鳥井の一番じゃなくなる。こんなやつが俺を頼ってるのは、こういう状況だからだ。その思いから抜け出せない。謎を解いていくにつれ広がっていく鳥井の世界。鳥井が付き合える人も徐々に増えていく。いつか・・・と、その日が来るのが怖くて堪らない。自分に自信が持てない坂木の気持ちが、痛いほど心に迫ってきました。こういう劣等感に私は弱い。読みながら、めちゃめちゃ感情移入しちゃってダメージを受ける。それでも、読むのを止められないんだよねぇ・・・。

ミステリの方は、ちょっと注意して読んでいれば、それなりに読み解けるんじゃないかな~とは思いました。私には無理だったけど(笑)他の事に気を取られ過ぎました;;;短編形式になってはいるものの、登場人物たちが次の章にも登場してくる。だから、坂木が厄介ごとに巻き込まれ(笑)、鳥井がその謎を解決するたびに登場人物がだんだん増えていく。どの人物も個性的で、魅力溢れる人達。こんな人に囲まれていれば、鳥井が外の世界への扉を開けるのも、そう遠くないだろうな~という予感はあります。
・・・と思ったら、この作品は三部作の1作目らしい。3冊で終わりか・・・。分かるとちょっと残念な気もするなぁ。読者はわがまま(笑)


【坂木&鳥井シリーズ】
2)仔羊の巣
3)動物園の鳥


青空の卵 (CRIME CLUB)

この記事へのコメント

2007年10月10日 20:29
一気に読了されたんですね。
坂木と鳥井の関係の推移も気になるところですよね。私も坂木の気持ちにはうるうるときてしまいましたもの。
すずな@主
2007年10月11日 06:07
>エビノートさん
続きが気になっちゃって、途中で読むのを止められませんでした;;;
今後、二人の関係がどうなるのか、とっても気になります。
しんちゃん
2007年10月11日 10:07
二人のねちっりに少し疲れたので浮気をしてます。宅配便の作品はすごく面白かったですよ。今度は歯医者さんを読もうと思ってます。
ひきこもりは積んでるので、いつか…。
すずな@主
2007年10月12日 10:17
>しんちゃん
ねっちり、って(笑)まぁ、その表現もわかりますけど。男性からみたら、男性同士のこういう関係はちょっと・・・なんでしょうか^^;

坂木さんは、これがほとんど初読みみたいなものだったんで、他の作品にも興味が湧いています。宅配便とか歯医者さんとか、あるんですね~。このシリーズを読んだら、次は宅配便にいってみまーす!
2007年10月16日 00:56
このシリーズはブログ始める前に読みましたが、物足りなくて不満でした。
宅配便、歯医者さん、ホテル、どのお話でもどうぞ。
すずな@主
2007年10月16日 06:00
>藍色さん
物足りなかったですかぁ;;;それは残念でしたね。

ホテルもありますね~。
うわーどれから読みましょう。悩みます(笑)
2007年12月03日 22:12
すずなちゃん、こんばんは。TBをよろしくです。ちょびっと辛口評価にしてみました。
私は「切れない糸」のほうが先だったので、原点はこれか~、と。
こういう料理上手な友達がほしいなぁ。
すずな@主
2007年12月04日 09:56
>あまねちゃん
・・・辛口だったかなぁ^^;あぅ~私の辛口はもっとスゴイからね^^;;;
私も鳥井のようなお友達が欲しい!と思いましたです(笑)
2008年05月13日 21:35
こんばんわ。TBさせていただきました。
もう大分前から文庫を持っていたのですが、もったいなくて読めないでいました。
可愛らしい作品だなぁというのが最初の感想でした。
2人とも純粋なんですよね。好感が持てました。
2人の関係はくすぐったさも感じますけど、私は好きです。
推理、私もちょっとは考えてみたのですが、ダメでしたね^^;
2作目、3作目も読んでみようと思います^^
すずな@主
2008年05月15日 06:34
>苗坊さん
2人の関係、私も好きでした。切なく痛いものでしたが、苗坊さんが言われるように純粋だからこそなんでしょうね。
推理はダメでしたか~。同じ方がいらっしゃって、ちょっとホッとしてみたり(笑)
3作で完結なので、是非、読んでみてくださいね。

この記事へのトラックバック

  • 「青空の卵」坂木司

    Excerpt: 青空の卵坂木 司 (2006/02/23)東京創元社 この商品の詳細を見る 語り手でワトソン役は、外資系の保険会社に勤務している坂木司。 彼には一風変わった友人がいる。子供の頃のイジメで引きこも.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-10-11 10:02
  • 青空の卵 〔坂木司〕

    Excerpt: 青空の卵 ≪内容≫ 外資系の保険会社に勤める坂木司の友人、鳥井真一はひきこもりだ。 坂木は身近で起こった奇妙な出来事を語って聞かせ、鳥井の関心を外に向かせようとする。 果して謎を解くことで.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-12 22:03
  • 青空の卵

    Excerpt:  坂木 司 2002 東京創元社 帯は、「名探偵はひきこもり」。このひきこもりと Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-12-03 22:09
  • 坂木司『青空の卵』(東京創元社)

    Excerpt: 僕の友人は、ひきこもりだ。 青空の卵 (創元推理文庫)坂木 司 東京創元社 20 Weblog: ぽっぽのまいにち racked: 2007-12-11 23:47
  • 青空の卵 坂木司

    Excerpt: 青空の卵 (創元推理文庫) 僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。 複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。 料理が趣味の.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-05-13 21:14