スコーレNo.4(宮下奈都)

ワクワクとか、ドキドキといった、いつも私が『面白かったっ!』と絶賛するときに使う言葉は使えないんだけど、それでも、とってもよいお話だったな~と自信を持って言えます。ぐわーっと叫びたくなるような(笑)高揚感はないんだけど、”喜”とか”嬉”という言葉がじわじわと体中に染み渡っていくような感覚。読み終わった後、うふふと微笑めるようなお話でした。あ~私もやっと、こういう作品を味わえるようになったのかな~と、ちょっと嬉しくなりました。

主人公・麻子の中学生・高校生・大学生から新入社員・中堅社員の入り口?の4つの時代を章を追って描いている。ひとりの女性の成長物語と言っていいのかな。家族との物語、学生時代の恋、社会人になって、その仕事に戸惑いつつもやり甲斐を感じるようになって、そして恋愛。自分よりも優れた容姿を持つ妹・七葉に対する劣等感に押しつぶされそうになっていた学生時代。「七葉には敵わない」という思いをずぅーっと持ち続けていた麻子が、社会人になり、そんな思いからちょっとずつ抜け出していく様子に、時には自分をダブらせながら夢中になって読みました。

何かにこだわる。極める。狭く深く。なかなか出来ることではないけれど、それが出来るといいな、そう思えるものに出会いたいな、と思ったお話でもありました。広く浅くの「雑食」も、ある意味すごいことであると思うけれど、出来るなら何かを狭く深くやっていけたらいいな、と思います。

当然のように、タイトルの「スコーレ」ってのは何ぞや?という疑問が。「スコーレ」というのは、「スクール」の語源となったギリシア語のことで「学び・遊び・余暇」の意味を持つんだそうです。


*****
「スコーレ」の意味が分かったところで、いろいろと思うことがありました。でも、それを書いちゃうと長々と語ってしまいそうだし、この作品からとてつもなく離れていきそうなので割愛。機会があれば、どこか他の場所でこの気持ちを纏めてみたいな・・・とは思ってますが。まぁ、思ってるだけで月日は流れていきそうな気もするけどね(笑)


スコーレNo.4

この記事へのコメント

2007年10月08日 16:58
こんにちは。
読後は至福なひと時に浸る。じわーっと。
こういう余韻が楽しめる作品は大歓迎です。
すずな@主
2007年10月09日 13:57
>しんちゃん
ほっこりとした素敵な余韻をかみ締められる作品でしたね。
こういう読後感は、とっても幸せな気持ちになれるので、私もいつでも大歓迎しちゃいます。
2007年10月09日 21:49
しみじみと良い作品でしたよね。
この本は手元に置いておきたい!ということで、かなり悩んだんですが、単行本で購入しちゃいました。
宮下さんの次の作品も楽しみです。
すずな@主
2007年10月10日 09:43
>エビノートさん
読み終わった後、しみじみとしちゃいましたね。
初宮下さんだったので、他の作品も読んでみたいと思いました。楽しみ。
2007年12月14日 20:41
麻子が成長する過程がていねいに描かれていました。じわじわとよさが伝わってくる、そんな作品でしね。
すずな@主
2007年12月15日 15:24
>花さん
読み終わった後に、嬉しさがじわじわと心に沁みこんでくるような作品でしたね。
麻子の成長に、最初は不安を抱きつつ読んでいたんですが、最後の章でほっと安心しました。
たまねぎ
2008年04月14日 00:22
スコーレって学びと一緒に遊びや余暇って意味もあるんですね。言われてみてなるほどなーと納得です。
哲学ってギリシャの支配層が一日中暇であれこれ考えてるうちに生まれたとイメージしていたので。フムフム。
すずな@主
2008年04月14日 14:08
>たまねぎさん
学びと遊びと余暇。同じ言葉で表されるっていうのが、なんだか奥深いですよね。
たまねぎさんの哲学のイメージに、なるほどなーと頷いております。たしかに。

この記事へのトラックバック

  • 「スコーレNO.4」宮下奈都

    Excerpt: スコーレNo.4宮下 奈都 (2007/01/20)光文社 この商品の詳細を見る 父が経営する古道具屋に、三人姉妹の長女として生まれた麻子は、1つ年下の妹・七葉と比べて、器量や、何かに対する執着心.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-10-08 16:53
  • スコーレNO.4 〔宮下奈都〕

    Excerpt: スコーレNo.4宮下 奈都 光文社 2007-01-20売り上げランキング : 18372おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ どうしても忘れられないもの、拘.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-09 21:44
  • 本「スコーレNO.4」

    Excerpt: スコーレ NO.4 宮下 奈都 光文社 2007年1月 古道具屋の三姉妹の長女、麻子の中学から大人になるまでの物語。 麻子は、一つ年下妹七葉にコンプレックスを感じて.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2007-12-14 20:38
  • スコーレNo.4 宮下奈都

    Excerpt: スコーレNo.4 ■やぎっちょ書評 おもしろかったですよぉ。 あーでも、もったいないなーがいくつか。辛口だけささっと書いて終わらせよう! 七葉との関係に最初の30~40ページを「説明」で割いて.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-03-18 17:39
  • スコーレNo.4  宮下奈都

    Excerpt: すいません、時間の都合上手短に行きます。このてのブログで時間の都合ってのも妙な話ですが。 さて、宮下奈都さんの『スコーレNo.4』です。実は何の予備知識も無しに手に取りました。表紙とか帯からは恋愛小.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-04-14 00:59
  • 「スコーレNo.4」宮下奈都

    Excerpt: 「スコーレNo.4」を読んだ。     私がなぜこの小説を知ったか。それは、読売新聞に出ていたから。「書店員が推薦する本」として紹介されていた。これがその記事。「スコーレN... Weblog: りゅうちゃんミストラル racked: 2010-05-27 19:57