七姫幻想(森谷明子)

七夕の七姫伝説をベースに、和歌を絡めながら描く7編の連作短編集。

この本は森谷明子さんの「れんげ野原のまんなかで」を読んだときに「まったり読書日記」のエビノートさんにおススメいただきました。

章が進むごとに時代が近いものになっていく。・・・たぶん、ね。イマイチ自信無し(笑)
ということで、後半になるにつれどんどん読み易くなってきました。最初の章は、ちょっと読みにくかったんだよね。2章くらいまでは「ん~どうも合わないなぁ・・・」という感じで。ちょうど図書館の返却期限もあったから、ほたってしまおうか、なんてことも思っちゃったり。でも、せっかく読み始めたんだし・・・と思って続きを読み進めたら、どんどん読み易く、面白くなっていった。挫折せず、ちゃんと最後まで読んで良かったよ~!

”織姫伝説”なので、どれもこれも切なく、最後は哀しいお話が多い。でも、最初の章は・・・ちょっと恐かったなぁ。同性ながら、女の恐さというものをシミジミと感じちゃったよ。
その中で、唯一といっていいハッピーエンドの「朝顔斎王」。この章が一番、好きでした。二人のモドカシイ恋愛に、きぃーっ!ってなりそうになるくらい、ヤキモキドキドキハラハラ。それまでが、どれも哀しい結末だったので、今回もだろう・・・と、ちょっと諦めモードで読んでたんだよね。でも、このお話は出来れば・・・とも思ってたので、あのラストにはホッと胸をなでおろしました。ただ、主人公はハッピーエンドだったけど、あの斎王は・・・。彼女のことを思うと、ちょっと素直に喜べない部分もあるんだけどね。

どのお話も和歌と絡めてあって、ちょっと前に読んだ「安徳天皇漂海記」を連想しました。あのお話のように、物語と和歌が絶妙に絡めてあるな~という印象を受けました。

七姫幻想

この記事へのコメント

2007年10月04日 21:44
すずなさん、こんばんは!
読んでくださってありがとうございます♪
「朝顔斎王」での不器用な恋にはヤキモキさせられましたね。
だからこそあのラストは嬉しかったですけれど。
織姫にいろんな名前があること、興味深かったです。
どんな経緯で七夕が現在の形になっていったのか、そんなことを想像してみたくなっちゃいました。
すずな@主
2007年10月05日 05:51
>エビノートさん
こちらこそ、ありがとうございます。
「朝顔斎王」は、ヤキモキさせられつつ、哀しいお話になるのか?と不安もあったので、あのラストは嬉しかったですよね。
私も織姫に7つの姫伝説があることを知らなかったので、興味深く読みました。次の”七夕”は今までと違った思いで迎える事になりそうです。
2007年10月09日 23:12
すずなさん、こんばんは(^^)。
「朝顔斎王」が良かったですね。同じだ~♪
二人の「じれったい愛」にうめきつつ、応援。
さわやかなラストに、心温まる思いがしました。
源氏物語で一番好きな「朝顔の君」がモチーフだったのも嬉しかったです。
すずな@主
2007年10月10日 09:47
>水無月・Rさん
有川さんのとは、ちょっと趣の違う”じれったさ”でしたね~(笑)
ハッピーエンドで良かったです♪

源氏物語では「朝顔の君」がお好きなんですね。私は・・・う~んと悩みますが、「末摘花」とかけっこう好きです。
2009年07月12日 23:37
去年の七夕にあわせて買って、『植物図鑑』が入ったので、今年の七夕にも間に合いませんでした……。
同じく「朝顔斎王」が一番好きですが、全体を通じて、恋に身を投じて滅びていく男女のあり様にぐっときました。
源氏物語では、六条御息所に親近感をもって仕方がないです。(^^;;
すずな
2009年07月16日 05:31
>香桑さん
ハッピーエンドの「朝顔斎王」が良かったな~という作品でした。
六条御息所に親近感って・・・。それはなかなかですなぁ^^;;;

この記事へのトラックバック

  • 七姫幻想 〔森谷明子〕

    Excerpt: 七姫幻想 ≪内容≫ 寵姫の閨でなぜ大王は死んだのか??? 遥か昔から罪の匂いをまとってきた美しい女たちがいる。 時代を経てなお様々に伝わる織女伝説をモチーフに、和歌を絡めながら描く七編の連.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-04 21:33
  • 『七姫幻想』/森谷明子 ◎

    Excerpt: 先日読んだ『桜庭一樹の読書日記~少年になり、本を買うのだ~』で桜庭さんが紹介していた作品の中で、『妖櫻記』、の次に気になった作品です。森谷明子さん、全く知らない作家さんでした。 その森谷さんの『七姫.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-10-09 22:30
  • 七姫幻想 森谷明子

    Excerpt: 七姫幻想 ■やぎっちょ書評 お見事な一冊でございました。 水無月・Rさんに勧めてもらった『千年の黙』を図書館で借りようと思っていたら、タイトルを書いたメモを忘れた。。。どちらにしてもこの本しかな.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-12-30 22:21
  • 七姫幻想

    Excerpt:  森谷明子 2006 双葉社 七夕にあわせて。織姫には、もともと、巫女、神女ある Weblog: 香桑の読書室 racked: 2009-07-12 23:31