ハルさん(藤野恵美)

途中でも何度かヤバかったんだけど、最後は「もうねぇぇぇっ!」という感じで、不覚にも泣いてしまいました。まさか、ミステリを読みながら泣くとはね;;;
とはいっても、ミステリと呼んでいいのか?と思うような作品ではあったけどね。ま、”ミステリフロンティア”ではいつものことなんだけどさ(笑)

ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんが亡き妻の瑠璃子さんに語りかけながら、娘の思い出に耽る・・・。幼稚園でお友達のお弁当から卵焼きが無くなったこと、小学生のふうちゃんの驚きの行動、中学生の時、”もしや、いじめ?”と心配したこと、高校生で初めて経験したアルバイト、そして、大学生になって初めての帰省の時には・・・。事件という事件ではなく、日常のちょっとした謎や疑問。それを、ハルさんが心の中で亡き妻の瑠璃子さんと会話しながら紐解いていくという。ハルさんが、ふうちゃんのことで困った時に聞こえてくる(現れる?)瑠璃子さんの声。ハルさんは、諭すように語り掛ける瑠璃子さんの声によって、答えに導びかれていく。

どのお話も、お父さんのふうちゃんへの愛情がたっぷりで、読みながらニッコリしたり、ウルウルしちゃったり・・・。会社の昼休みに、事務机に座って読みながら目を潤ませている自分に、思いっきり突っ込みを入れてみたりもしました(笑)もうね~涙を堪えるのに必死でしたよ。会社では堪えていた涙も、家では我慢する理由もなく・・・。最後の結婚式では号泣寸前。特に長谷さんの言葉には泣かされました。ふうちゃん、いい人と巡り合えて良かったねぇぇっ・・・と、ハルさんと一緒になってえぐえぐ。

家族や、父親から娘への、そして、娘から父親への愛情たっぷりで、ほんわかと優しい気持ちになれた作品でした。家族愛だけではなく、浪漫堂さん(ハルさんが仕事でお世話になっている方)もいい人だーっ、だったし、他にも、クリスマスツリーにまつわるビルのオーナーの話とか、もうね~泣き所満載でした。


結婚する友人に(今のとこ、予定は無いけど/笑)贈りたいなぁ、とも思いました。

ハルさん

この記事へのコメント

2007年10月26日 16:49
泣いた、泣いた、最後は大泣き。
ムスメを送る父親って、嬉しいやら寂しいやら。ずっと見守ってきた最愛の恋人やもんねえ。この本は大好きです。
すずな@主
2007年10月27日 09:11
>しんちゃん
泣けましたね~。
ハルさんの回想と一緒にふうちゃんの成長を見守ってきた者として、”花嫁の父”の気持ちになっちゃいましたよね。
2007年10月28日 00:56
娘ふうちゃんを思う父親ハルさんの愛情がいっぱい伝わってきました。泣けました。
いい本と巡り合えて良かったですね~。
結婚する友人へのギフトには最適かも。
すずな@主
2007年10月28日 14:54
>藍色さん
お父さんの娘への愛情たっぷりの本でしたね。
想像していた内容と違ったんですが、よい出会いで満足♪
2007年10月29日 20:20
娘さんを持つお父さんにおススメ♪と思ったんですが、結婚する娘さんにもおススメですね♪
たくさんの愛情が詰まった、心があったかくなる物語でした。
すずな@主
2007年10月30日 11:15
>エビノートさん
娘さんが結婚しそうな”お父さん”が思い浮かばなかったのです。娘さんの方が知り合いが多いので~(笑)
心温まるお話でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 「ハルさん」藤野恵美

    Excerpt: ハルさん藤野 恵美 (2007/02/28)東京創元社 この商品の詳細を見る ハルさんこと春日部晴彦は、亡き妻の瑠璃子さんの墓前に声を掛ける。 「今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。」 ハル.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-10-26 16:49
  • ハルさん 藤野恵美

    Excerpt: COVER ILLUSTEATION:大塚砂織。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 愛娘ふうちゃん(風里23歳)の結婚式の日、お父さん.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-28 00:57
  • ハルさん 〔藤野 恵美〕

    Excerpt: ハルさん藤野 恵美 東京創元社 2007-02-28売り上げランキング : 199020おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ (瑠璃子さん……今日はね、ふうち.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-29 20:11