ちんぷんかん(畠中恵)

「しゃばけ」シリーズ第6弾。5編の短編集。

なんかね、ますます鳴家が可愛いんですけどぉ・・・。鳴家の発する言葉にね、いちいちきゃー♪きゃー♪騒ぎたくなるくらい(笑)「きゅんぎー」「きゃわわわわー」「ぎょぴーっ」「きゅわわっ」「きょんげーっ」「ぎゅんいーっ」。ちょっとあげただけでもこんなにあって、その言葉に姿を想像して当てはめると・・・。もう、メロメロですよーっ。たまらんわー。

・鬼と小鬼
火事に巻き込まれ、気がつくと賽の河原に立っていた若だんな。袂に入った鳴家も一緒に連れてきていたことに気付いて、なんとか帰してあげようとするが・・・。
うわーとうとうそんなことにっ!と、焦ったものの、この作品の最初の短編なんでね、なんとか現世に帰れるんじゃないのかなぁ・・・と、思い直して読み進めた。賽の河原で出会った子供たちと、ちょっと悲しいエピソードもあったものの無事に帰れてなにより。しかし、どんだけ不味い薬なんでしょうね。・・・と言っても、味見したいとは思わないけど(笑)しょうがないとはいえ、ちょっと若だんなに同情しちゃう。
それにしても、彼がどうなったか気になるなぁ。どっかで登場させてくれないかなぁ・・・。

・ちんぷんかん
表題作。でも、主人公は若だんなじゃなく、妖退治で有名な広徳寺の寛朝の弟子、秋英。寛朝から、自分に代わって相談者の話を聞くように言われた秋英。その相談とは・・・。
自信を持つのって、そんな簡単には出来ないよね。師匠が偉大なら、ますます難しい。でも、自信を持たなきゃいけない時ってやってくるし、どうしても自分の力でなんとかしなきゃいけない時もやってくる。突然に。強引に。そんな時、逃げ出したくなる気持ちをぐっと抑えて、出来ることを精一杯やれるように・・・。そんなことを、ちょっと考えたお話でした。

・男ぶり
若だんなの両親のなれそめ話。母親の若かりし頃の恋のお話。こういうお話が読めるってのも、短編のいいところだよなー。

・今昔
若だんなの兄、松之助の縁談話。若だんなが式神に襲われた。操る陰陽師は松之助の縁談先と絡んでいるらしい・・・。若だんなの周りにいる妖達が陰陽師退治に動き出す。縁談がどんな方向に進んでいくのやら・・・とはらはらしたよ。松之助には幸せになって欲しいもんね。

・はるがいくよ
松之助の縁談も決まって、寂しさを感じている若だんなの前に、突然、赤ちゃんが!「小紅」と名づけられた赤ちゃんは、桜の花びらの精でものすごいスピードで成長していく。桜の花と一緒に消えていく運命の小紅。なんとか生きていさせたくて奔走する若だんな。
ホロリとさせられたお話でした。どうにもならないものってある。イヤでも受け入れなきゃいけないことって、沢山あるよなーと改めて思い知らされたような気がします。このお話を読んで、知らないうちに若だんなも成長してたんだな、と思いました。嬉しくもあり、寂しくもあり・・・。なんだか、母親のような気持ちになっちゃいましたよ(笑)


ちんぷんかん

この記事へのコメント

2007年10月18日 21:20
最初からハラハラさせられましたね~。
「鬼と小鬼」で登場した彼は私も気になります。
どこかで、登場させてほしいですね♪
来月には『しゃばけ読本』も発売される様子。
こちらも楽しみです♪
鳴家がたくさん登場してくれると良いな。
すずな@主
2007年10月19日 10:13
>エビノートさん
のっけからの三途の川にはちょっとドキドキさせられました。
彼のその後も語られるのかな・・・と思っていたんですが、触れられなかったですね。とっても気になるんですけど^^;
「しゃばけ読本」ですか!どんなものが出来るんでしょうね。楽しみです♪
2007年10月20日 16:48
「はるがいくよ」はちょっと衝撃でした。
若だんなに変化・成長がありましたね。
鳴家の可愛いらしさがますますアップしていて先が楽しみです。
すずな@主
2007年10月21日 07:37
>藍色さん
若だんなの成長を強く感じられた「はるがいくよ」。ある意味、最初のお話よりも衝撃が大きかったかもしれませんね。
巻を重ねる毎に、鳴家の可愛さがUPしてますよね♪
たまねぎ
2008年10月12日 00:50
シリーズものは読み重ねていくと登場人物達に愛情がわいて、本当に親のような気分になってしまいますよね。松之助には幸せになって欲しいですし、いつかは若旦那もと思ってしまいます。
すずな@主
2008年10月13日 16:06
>たまねぎさん
本当にその通りです!ついつい親のような気分になっちゃいました^^;
若旦那にもいつかよいお相手が見つかるといいですね♪

この記事へのトラックバック

  • ちんぷんかん 〔畠中 恵〕

    Excerpt: ちんぷんかん畠中 恵 新潮社 2007-06売り上げランキング : 45Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られな.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-18 21:18
  • ちんぷんかん 畠中恵

    Excerpt: 装画・挿画は柴田ゆう。装幀は新潮社装幀室。週刊新潮・小説新潮2007年1月号~4月号と新潮ケータイ文庫同年5月15日~6月14日配信(「はるがきた」)。「しゃばけ」シリーズ六作目。連作短編集。 .. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-20 16:49
  • ちんぷんかん<畠中恵>-(本:2007年157冊目)-

    Excerpt: ちんぷんかん 出版社: 新潮社 (2007/06) ISBN-10: 4104507075 評価:88点 しゃばけシリーズ第6弾。 図書館で借りて読んでいるので、シリーズのどれを読ん.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-12-20 22:36
  • ちんぷんかん  畠中恵

    Excerpt: な、な、なんと、長崎屋が火事で燃えちゃった!! おまけに若旦那は煙を吸い込んで死んじゃった!? そんな仰天な始まりにビックリしたしゃばけシリーズ第6弾『ちんぷんかん』です。新作『いっち.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-10-12 00:37