木洩れ日に泳ぐ魚(恩田陸)

ひー;;;なんとかしてーっ!と叫びたくなるような緊迫感。最初から最後までピリピリした緊張感に包まれたまま読了しました。どっぷり疲れた。でも、最後まで目が離せなくって、面白かった!恩田さん、ありがとぉーっ!な気分です(笑)

次の日には別々の場所へ引っ越すことになっている男女。登場人物はこの二人だけ。二人が数ページずつ交互に語り手となって、それが会話のように続いていく。二人が少しずつ語っていくスピードで、色んなことがちょーーっとずつ小出しにされていく。それは、本当にちょっとずつなので、え?どういうこと?あ?それで?それって・・・と、次へ次へとページを繰る手が止まらない。

この男女。お互いに、とある男性が死んだのは相手が手を下したからだ、と思っていて、それを告白させるのが今夜の最終目的だと思っている。相手にどうやって告白させるのか。攻防戦の夜が始まる・・・。
ということは、どっちも犯人じゃないってことでしょう?誰が真犯人で、どういう展開が待ってるのかなーっ!と、のっけからワクワクさせられちゃいましたよ。話が進むにつれて、男性のこと、二人の関係のことが分かっていく。謎が解けたと思ったら、今度は別な謎が浮上してくる。すでに、男性の死が最重要問題では無くなって・・・。

夜、密室で繰り広げられる二人の行き詰るような心理戦。読みながら、こっちまで息苦しくなってきちゃいました。このお話は、内に向かっているのか、それとも外に向かっているのか、読みながら判断がつかなくって。この閉じた世界のまま終わるのかな、それとも・・・。想像すればするほど分からなくなっていってしまった。どんなラストになるんだろうって、すっごいドキドキした。

二人で出した結論。結局のところ、関係者にちゃんと確認を取らないと本当かどうかはわからないんだよね。でも、そうだろう、それが真実なんだろう、と二人がすんなり受け入れる。読んでるこっちも、同じように受け入れる。・・・何故か受け入れちゃったんだよねぇ(笑)不思議。でも、だからこそ、あのラストなんだもんね。
ふぅ~と、額の汗を掌で拭いたくなるラストでした。


木洩れ日に泳ぐ魚

この記事へのコメント

2007年10月18日 21:12
息詰まる心理戦、読み応えありましたね~。
真相はどうなんだろう~って余韻を残すところも恩田さんならではだなぁと感じました。
すずな@主
2007年10月19日 10:09
>エビノートさん
読みながら息苦しくなるくらいの緊張感でした。
ハッキリ真相が示されなかったところは、確かに恩田さんらしいですね~。あれこれ想像しちゃいます・・・。
2007年10月20日 16:37
ふたりの心理戦はドキドキはらはらでした。
次々と姿を現す謎。
会話で膨らむイマジネーションの行方から目が離せなくて、一気に読めました。
すずな@主
2007年10月21日 07:34
>藍色さん
そうそう!次々と姿を現す謎にドキドキしちゃいましたねー。
私も、二人の会話だけでどんどん話が膨らんでいくのが面白くって、目が離せなかったです。

この記事へのトラックバック

  • 木洩れ日に泳ぐ魚 〔恩田 陸〕

    Excerpt: 木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸 中央公論新社 2007-07売り上げランキング : 620おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの旅から、すべてが変わってしまった.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-10-18 21:09
  • 木洩れ日に泳ぐ魚<恩田陸>-(本:2007年116冊目)-

    Excerpt: 木洩れ日に泳ぐ魚 出版社: 中央公論新社 (2007/07) ISBN-10: 4120038513 評価:79点 最後の夜が始まった。 明日になれば、一緒に暮らしていた家を引き払い.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-10-18 21:46
  • 恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』

    Excerpt: 恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』 中央公論新社 2007年7月25日発行 明日からはそれぞれの道を歩んでいく一組の男女が過ごす、アパートでの最後の夜。 彼らの間には明らかにされなければならない、あ.. Weblog: 多趣味が趣味♪ racked: 2007-10-19 21:33
  • 木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

    Excerpt: 装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号~2007年2月22日号連載に加筆。 高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人と.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-20 16:38
  • 【木洩れ日に泳ぐ魚】 恩田陸 著

    Excerpt: たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう… 一枚の写真に映っていた3人、いったい、どんな物語が始まるのだろう? 一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2007-12-02 15:29
  • 恩田陸【木洩れ日に泳ぐ魚】

    Excerpt: 僕らは明日になったら右と左に分かれて歩き出すことだろう。 しかし、どこかできちんと話をしておかなければならないように思う。そうしなければ、この先それぞれの人生を歩いて�... Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2007-12-04 16:49
  • 木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

    Excerpt: 木洩れ日に泳ぐ魚 ■やぎっちょ書評 久々の陸ちん。 ややや。最初からいきなりミステリーです。 ジャンル設定が難しい陸ちんの作品にしてはとてもわかりやすい。そしていきなり謎。導入が本当にうまいで.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-04-08 22:57
  • (書評)木洩れ日に泳ぐ魚

    Excerpt: 著者:恩田陸 木洩れ日に泳ぐ魚(2007/07)恩田 陸商品詳細を見る 引越し、新たな生活を前に最後の夜を迎えるヒロとアキ。最後にどうしても決�... Weblog: 新・たこの感想文 racked: 2008-05-19 20:32