ぼくたちと駐在さんの700日戦争①宣戦布告編(ママチャリ)

ブログで発表されている「半エッセイ小説」の書籍化。
このブログ「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」って、いまでも更新されていて人気ブログなんだそうだ。小説部門第一位だって。
え~実は全く知りませんでした(笑)こういうのはウトイもんで・・・。たまたま図書館で見かけて、一度目は「ふ~~ん」って思っただけで棚に戻したんだけど、2度目に目に付いたときは「これは縁」ということで借りてきた。2巻まで出てたんだけど、とりあえず1巻のみ。

笑いました。
ぶはぶは。うははははは。ぶぶぶぶっと噴出しっぱなしでしたね~。高校生の「ぼくたち」が田舎町の駐在さんと繰り広げた”いたずら合戦”の数々。”半エッセイ小説”だから、全部が全部ホントのことでもなく、全部がフィクションでもないんだろうけど・・・。これホントにやったのかっ!?いや、いくらなんでもこれはフィクションよねぇ?警察官がここまではやらないんじゃ?・・・いや、度量の大きな方だったらやったかも?と、どこまでが本当でどこからが・・・?なーんて推理しながら読むのも楽しめた要因だったかな。まさか、全部ホントのことではないでしょう、と思うけど、本当のところはどうなんでしょうね?

それにしても、このママチャリさん。すばらしいですね~。高校生で、ここまでの”いたずら”(と、敢えて呼ぶ)を考え付くなんて!もうね、発想がね~。それに逆襲する駐在さんの”いたずら”もスバラシイっ!!最初の「速度違反のレーダーで自転車は計測できるのか?」なんて、本気でやるかっ!?って読みながらつっ込みをいれちゃったよ。もうね~必死の形相で自転車をこぐ男子高校生の図が頭に浮かんで、それだけで笑える。

こういう風に、ブログから書籍化された本って本当に色々と出版されてて。読むと最初は面白いんだけど、だんだん飽きてきて最後は義務感で読了・・・ってことも多いんだよね。やっぱり、こういうのはブログで更新される度に読むっていうのがいいんだろうな~って思ってるんだけど。でも、この作品はね~、たしかに中だるみはあったものの最後まで笑いながら読めました。

な~~んも考えず「ただ笑いたい」時ってあるんだけど。そういう時に読みたい1冊。


*****
このサイトを覗いていたら、見慣れたお名前を発見☆おぉ~びっくり。まさかこんなところでお名前を拝見するとは(笑)


ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

この記事へのコメント

2007年09月07日 19:34
 なななんと!
 この作者さん(私にとってはママチャリさんというよりもくろわっさんですが)、私がブログを始めてすぐにお知り合いになって、仲良くしていただいてた方なんですよ。最近ごぶさたしちゃってるんですが。。。

 実話と思えないほどのたくさんのエピソードですよね。
 途中から更新についていけなくなって、読めてないんですが・・・。
 
 ていうか、本買うべきですよね^^;;
 今度探しに行こう・・・。
すずな@主
2007年09月08日 09:30
>miyukichiさん
お名前を発見した時には、とってもびっくりしました。でも、思いがけない所でお知り合いの方のお名前を発見すると嬉しいもんですね~(笑)

更新が頻繁だとついていけなくなることってありますよね。私も某作家さんのサイトがそうなんですよね^^;

この記事へのトラックバック