サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ(大崎梢)

成風堂書店シリーズ3作目。
前作の長編から短編集へ戻り、舞台も成風堂書店へ戻った。前作は、いまいち評判が宜しくなかったんだけど、私はそうでもなかったんだよね。でも、これを読んだら、「やっぱ成風堂書店がいいな~。短編がいいな~」と思っちゃいました。

とはいうものの、1編目の「取り寄せトラップ」では、1作目のようなワクワク感は感じられず。これは、1作目の印象が強すぎた?もしやハズレ?ってなことも思わずにいられなくって・・・。

でも、次編「君と語る永遠」で、ご、ごごごめんなさいっ!ハズレなんて言葉取り消します!って謝りたくなりました(笑)『広辞苑』を巡る物語。たくさんの本が生まれているものの、消えていく本も同じようにたくさんあるのが現実。でも、その中でも昔から変わらず、そしてこの先も変わらずそこに有り続けるであろう『広辞苑』。自分が消えても残っているものとして、そして同じように永遠でいたいという想いも込めたからこその『広辞苑』。最後は、ボロボロとこぼれる涙を必死で拭いながら読みました。この作品の中で、一番好きな1編です。

そして、多絵ちゃんだけじゃなく、他の店員さんだっているんだぞ、と謎解きに参加する「バイト金森くんの告白」。読みながら、なんだかドキドキしてきちゃってさ~。うぉ、ってことは・・・うへへへへ、と怪しい人になっちゃいました(笑)後日談、聞きたいなぁ。。。

一番、ミステリー色が強いかなと思ったのが、表題作「サイン会はいかが?」。九州の片田舎に住んでいる私にとって、作家さんのサイン会なんて行ったこともなくって。そういう告知を見る度に、とっても羨ましく思ってました。いつか機会があれば、一度でいいから行ってみたいなぁ。もちろん、誰でもいいって訳ではないから、”好きな作家さんで”って限定されちゃうんで、益々、そんな機会になんて巡りあえない可能性のほうが高いんだけど。
で、そんなサイン会を開催する事を条件に、作家さんから依頼された犯人探し。自分は、ほんの軽い気持ちだったけど、相手も同じような気持ちでいる訳ではないってこと。私も、ずっと心にひっかかっている言動ってあるもんなぁ。でもきっと、それを言った人は気にもかけていないだろうし、そんなことがあったことも忘れているだろうと思う。でも、刺さった棘はなかなか抜けない。そして、私も同じように、誰かの心に棘を刺したままでいるのかもしれない・・・。そう考えると、すごく怖い。

読み終わって、すぐさま本屋さんの絵本コーナーに飛んで行きたくなったのが「ヤギさんの忘れもの」。本屋さんらしい出来事に、本屋さんらしい謎解き。情景が浮んできて、ふふふふ、と思わず微笑んでしまいました。そして「フェリックス手紙」シリーズですか。そんな絵本があるなんて知らなかった;;;今度、本屋さんに行ったら探してみよう!もしかしたら、プレゼント用に買っちゃうかもしれないなぁ・・・。いや、”もしかしたら”じゃなく”きっと”かも。クリスマス用に、って。姪っ子達の顔が浮ぶ、おばバカな私でありました(笑)


このシリーズらしく、本屋さんにまつわる謎だけじゃなく、裏話も満載で、楽しく読めました。次作は成風堂書店シリーズじゃないようですが、また、近いうちに杏子さんや多絵ちゃんを始め、ヒロちゃんや福沢さんという成風堂書店のみんなに会えればいいなぁ。会いたいなぁ・・・。

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ

この記事へのコメント

2007年09月30日 16:24
姪っ子ちゃんのプレゼント用に買っても、自分へのプレゼントになりそう(笑)「片耳うさぎ」も面白かったですよお。こちらはワクワクどきどきの探検でした。
2007年09月30日 21:44
2作目も悪くはないんだけど、誰も手に取ることのない架空の本は、実際に本屋さんに並んでいる本、今まで読んだことのある本が出てくるワクワク感が物足りないのです。
このシリーズを読んでから、ほんと、近所の本屋さんを見る目が変わった気がします。

申し訳ありませんが、TBの再送をお願いします。
2007年09月30日 22:53
サイン会夢ですね~
サイン本すらお目にかかったことがないので、憧れます。
金森くんの後日談も気になるし、他の書店員さんの活躍も今後期待したいですね♪
すずな@主
2007年10月01日 05:39
>しんちゃん
どきっ。「買わないですよっ!」と断言できないんですけど・・・(笑)
でも、2冊買うにはちょっとお高いようで^^;
「片耳うさぎ」も楽しみです♪

>あまねちゃん
やっぱ知ってる本が登場するとテンションがあがるもんね~。
私は本屋さんに行った時に今までよりきょろきょろしちゃって、挙動不審者になってます(笑)
TB連絡ありがとう!後で送ってみます~。

>エビノートさん
私も「サイン本」って見たことないです~。憧れますね。
今後は、多絵ちゃんだけじゃなく他の書店員さん達も活躍しそうで楽しみですね♪
2007年10月01日 15:33
すずなちゃん、お手数をおかけしました。
あんまりTBの件がひどいので、現在調査を依頼中。
その前に、眠り姫状態のPCをなんとかせねば……あうあう。
2007年10月02日 02:38
「君と語る永遠」結末がすごくよかったですね。
杏子と多絵のコンビだけでなく働く人たち、それぞれのキャラへの好感が増した1冊でした。

TBの件、運営側の回答が要領を得ないので再度、問い合わせしています。
すずな@主
2007年10月02日 06:57
>あまねちゃん
いやいや。お知らせもらえて助かりました。
TBはね~うちの方にも問題があると思うんだよねぇ・・・;;;
PCの調子はいかが?早く治ればいいけどなぁ・・・。

>藍色さん
「君と語る永遠」では、短い一文にボロボロと涙が・・・;;;かなりグッときちゃいました。
今後は、杏子さんと多絵ちゃん以外の書店員さん達の活躍も楽しみですねー♪・・・続編があれば、ですけど^^;

TBの件。お手数をお掛けしてすみません。最近、うちの方で「機能強化」されたんですよ。それが原因かも?と思っています;;;
2010年03月05日 22:22
すずなさん、こんばんは(^^)。
前作より良かったので、すっごく嬉しかったです。
やっぱり書店の謎は、日常のささやかな謎系がいいですねぇ。
他の成風堂メンバーが活躍してて、楽しかったです♪
特に、バイトの金森君が・・・(笑)。
すずな
2010年03月06日 11:06
>水無月・Rさん
私は前作もけっこう好きだったんですが、こっちを読むと「あ~短編がいいな~♪」と思えました(笑)
いつものメンバーだけじゃなく、金森くんとか別な書店員さんの活躍も楽しかったですね。

この記事へのトラックバック

  • 「サイン会はいかが?」大崎梢

    Excerpt: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 (2007/04)東京創元社この商品の詳細を見る 杏子と多絵の書店員コンビが成風堂に帰ってきました。やっぱり舞台は書店が良いっす。5つの連作短編が収.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-09-30 16:19
  • サイン会はいかが?:成風堂書店事件メモ

    Excerpt:  大崎 梢 2007 東京創元社 書店限定名探偵のシリーズ3作目。2作目『晩夏に Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-09-30 21:35
  • サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 〔大崎 梢〕

    Excerpt: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 東京創元社 2007-04売り上げランキング : 4246おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 同一書籍に四件.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-09-30 22:49
  • サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ 大崎梢

    Excerpt: 東京創元社ミステリ・フロンティア。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 しっかり者の書店員・木下杏子と勘の鋭いアル.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-02 02:40
  • サイン会はいかが?<大崎梢>-(本:2008年10冊目)-

    Excerpt: サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 出版社: 東京創元社 (2007/04) ISBN-10: 4488017398 評価:80点 (ネタバレあります) 成風堂書店シリーズ第3作.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-14 10:52
  • 『サイン会はいかが?』~成風堂書店事件メモ~/大崎梢 ◎

    Excerpt: おお~、面白かった~!やっぱり大崎梢さんの〈成風堂シリーズ〉は、短編の方がいいなぁ~。 「本屋限定・名探偵」の杏子と多絵が、本屋の日常に持ち込まれる謎を解いていくこのシリーズの3冊目、『サイン会はい.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-03-05 22:16