晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)(大崎梢)

配達あかずきん」に続く成風堂書店シリーズ2作目。

この作品はね~もうね~「書店への愛」ですよ。それも、地方都市で頑張る老舗書店さんへの愛情がたぁ~~~っぷり詰まった作品ですね。前作のように、出てくる書名に歓声をあげる訳ではないのだけれど、書店への愛情が随所に感じられて、また違った魅力に溢れる作品でした。夢中で読みました。読みながら、うふふふ♪と嬉しくなりました。

今回の舞台は地方の老舗書店ということで、私の街の本屋さんを連想しながら読めたのも大きい。そして、ある日シャッターの下りたままのお店の前で立ち尽くす、そんな経験は私にもあるよ、とちょっと切なくなったりもしました。それから、図書館に通う事は止められないけど(そんなことしたら本代で破産する/笑)、便利だから~って通販で買うんじゃなくって、今度から本を買う時は”あの本屋さん”に行こう!と心に誓ったりもしました。

そうそう。冒頭の刑事さんの言葉に思わず「うんうん。」って、大きく頷きちゃいましたよ~。
「丸二時間、本屋をうろつく客というのはいるものでしょうか」~本文より~
「はーい!はいはいっ!いるいるっ!」と手を上げて返事したくなった(笑)一旦、本屋に入ると一時間では足りない私には、二時間は特に長いと感じないよなぁ・・・。そういう人って、それこそ本屋にはごろごろ転がっているんじゃないだろうか?ねぇ(笑)

もちろん、事件は起きます。ってか、それがメインなんだけど(笑)
杏子さんの元に、以前、成風堂書店に勤めていて、今は実家のある長野に帰って老舗書店に就職した先輩から手紙が届きます。そこには、勤務先である宇都木書店(通称「まるう堂」)で幽霊が目撃されるようになり困っている、事件解決の為に多絵ちゃんを連れてきて欲しいと書かれていました。しぶしぶながら長野へ向かう杏子さんと多絵ちゃん。はたして、幽霊の正体とは・・・。

20年以上前の事件を、関係者の話を聞いて解決する多絵ちゃん。お見事。犯人はあの人だ!幻の原稿はきっと・・・。という予想は当たってたんだけど、まさかそんな事件までもが絡んでいたなんて!と、なかなかの衝撃でした。かなり悲惨な、哀しい、結末だった。もっとね、ほっとした感じで事件解決~♪になるのかと思っていたよ。それが、なんとも・・・な結末で。
「すごいと思うけれど。でもあれは、本とはちがいますよね。だって、誰も読めないもの」~本文より~
このセリフから始まる一連の会話に思わず涙してしまいました。

そして、最後まで謎のままだった本のタイトル。最後のページを読んで「あ~!」と歓声を上げた。それかぁ!私の大好きな本だったんでテンションがあがっちゃいましたね~。
ところが、うほほほ~♪というテンションのまま読んだ解説の一文に、え?と思う。
「多絵ちゃんを救ったという本のタイトルも知りたいし、~」~解説より~
あれぇ。あれで何という本だったのか教えてくれたんだと思ってたんだけどなぁ・・・。えっとぉ・・・もしかして、私が思ってるのと違うの?それとも、私が思ってるほどあの作品はメジャーじゃないの??

これだよねぇ?・・・違うのかしら^^;


晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)

この記事へのコメント

2007年09月18日 10:37
コメントありがとう♪ TBが届いていないのですが、お願いします。
はーいっ。私も本屋に入ったら出てきません。笑
多絵ちゃんを救った本は、あれしかないでしょ。私もそう思います。
2007年09月18日 16:47
自分は残念ながらダメでしたが、三冊目は持ち直していましたよ。言い方が偉そうかな?
だけどやっぱりデビュー作が一番良かったな。
ただいま手元に「片耳うさぎ」がありまーす。さて、これはどうだろう。
2007年09月18日 21:24
本屋で2時間って普通にウロウロしますよね~。時にはもっとウロウロすることだってありますもん。
ミステリーよりも、この中に出てきた書店がとっても印象的でした。
まるう堂みたいな本屋さんが近くにあったら良いのに~。
良いなあという書店には、頻繁に行けないのが不便です。
2007年09月19日 03:17
書店への愛が満ち溢れていましたね。
私もまるう堂本店と、店主の息子が経営する支店に、行ってみたくなりました。
本屋さんに二時間以上いたりしますが、出る頃には足がガクガクになってます(老化の始まり、笑)。

あまねさん同様、TBが届きませんでした。お手数ですが再TB、お願いします。
最近fc2ブログが管理画面を変えてたりするので、その影響もあるかもなのですが…。
すずな@主
2007年09月19日 10:02
>あまねちゃん
TBの件、どうもでした。無事に送れたようで良かった♪
お仲間ですな(笑)<本屋
謎の本。あまねちゃんのレビューを読んでニヤリとしました。

>しんちゃん
3冊目は大丈夫でしたか!良かったですね♪
私は今からなので楽しみです~。

>エビノートさん
ですよねーっ!<本屋
2時間では足りなかったりしますもんね。
私もミステリーより、まるう堂さんの方に目が向いてしまってました^^;
そうなんですよね~。良いなあと思う本屋さんは、行くのがちょっと不便だったりするんですよねぇ。私も通勤途中にある本屋さんはイマイチで・・・;;;

>藍色さん
TBの件はお手数をお掛けしました。昨日は何度か挑戦してもダメだったんですが、今朝は送れたみたいでほっとしました。・・・また?ってドキドキしてたので^^;

藍色さんもお仲間ですね♪私も足が重ぉ~~くなります;;;ずーっと立ちっぱなしなんですもんね~。
2010年02月08日 22:22
すずなさん、こんばんは(^^)。
成風堂書店事件メモと言いつつ、事件は成風堂で起こってるんじゃない!(←なんかチガウ)
でもまるう堂は、本店・支店共に魅力的でしたねぇ~!(^^)!
私も、ミステリーよりもそっちの方が(笑)。
それと、多絵ちゃんに渡された本は、すずなさんと同じタイトルを思い浮かべました!あれって、メジャーだと思うんですが・・・?
すずな
2010年02月11日 05:29
>水無月・Rさん
今回は出張編でしたね(笑)
まるう堂は本当に魅力的な本屋さんで、こんな本屋さんに行ってみたい!と思っちゃいましたよね~。
多絵ちゃんに渡された本。水無月・Rさんも同じご意見なんですね~♪あれですよねぇ!私もメジャーだと思ってるんですが・・・うーん^^;

この記事へのトラックバック

  • 晩夏に捧ぐ:成風堂書店事件メモ(出張編)

    Excerpt:  大崎 梢 2006 東京創元社 本屋に幽霊が出たら、それも売り物にしようよー。 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-09-18 10:25
  • 「晩夏に捧ぐ」大崎梢

    Excerpt: 晩夏に捧ぐ大崎 梢 (2006/09/30)東京創元社 この商品の詳細を見る 「本屋の謎は本屋が解かなきゃ」の第2弾です。 杏子と多絵のコンビが信州まで出かける出張編です。 いきなり負なこ.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-09-18 16:43
  • 晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編) 〔大崎梢〕

    Excerpt: 晩夏に捧ぐ&amp;lt;成風堂書店事件メモ・出張編&amp;gt; ≪内容≫ 以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。 勤.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-09-18 21:11
  • 晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)大崎梢

    Excerpt: COVER PHOTO:SAY-KA。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 「配達あかずきん」(「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位)でデビュー。 成風堂書店、.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-09-19 03:18
  • 晩夏に捧ぐ<大崎梢>-(本:2008年9冊目)-

    Excerpt: 晩夏に捧ぐ&amp;lt;成風堂書店事件メモ・出張編&amp;gt; (ミステリ・フロンティア) 出版社: 東京創元社 (2006/9/30) ISBN-10: 4488017304 評価:.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-12 12:34
  • 『晩夏に捧ぐ』~成風堂書店事件メモ(出張編)~/大崎梢 ○

    Excerpt: ~~本屋の謎は本屋が解かなきゃ。~~ (本文より引用) こんなコンセプトの物語、本好きにはたまりませんよね~! ってなわけで、大崎梢さんの『配達あかずきん』に続く、〈成風堂書店事件メモ〉シリーズの.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-02-08 22:11