押入れのちよ(荻原浩)

ホラー短編集でいいのかな。装丁の不気味さ加減に、なかなか手が出なかったんだけどね。今回、なんかフト気が向いて図書館の棚から取り出してしまった。

最初の数編は、ちょっと怖くもありながら切なさの方が強い感じだったんだけど、だんだんと気持ちの悪い怖さが募ってきて、最後はまた、怖いながらも切なく心の奥がジーンとくる・・・と、この一冊で気持ちがひと回りしたような感じでした。

・お母さまのロシアのスープ
だんだんと、少しずつ謎解きしていって、最後の最後にぐいっと真相を見せられたようなお話でした。「ん?」「あ・・・れ?」「ってことはさぁ・・・」「おぉ!やっぱりっ!」という感じで、最後は拍手したくなった。内容的には、そんな拍手するようなものではないんだけどね。
・コール
これも展開がですね~唸りましたね。お見事!という感じです。ちょっと涙ぐみたくなるくらい切ないお話でした。
・押入れのちよ
表題作。切ないお話ではあるんだけど、主人公と幽霊との交流がほのぼの~としてて、読みながら微笑んでしまった。暖かいんだけど、哀しいお話。荻原さんらしい作品だな~と思った。
・老猫
これはねぇ~~;;;ドキドキというよりも、背筋ぞわぞわぞわわわって感じでしたね。怖いよ。思わず、うちの猫の顔を覗き込んで「こうならないでねぇ;;;」と哀願したくなった。
・殺意のレシピ
最初から、そういうストーリーなんだろうなぁと、予測出来てしまったんで・・・。
・介護の鬼
読みながら、とーっても気持ち悪くなってきた。こういう悪意はちょっと苦手;;;最後に笑う作品なんだろうけど、こういうブラック・ユーモアにはちょっと笑えないのよね・・・。
・予期せぬ訪問者
おたおたっぷりが笑える。
・木下闇
これはホラーというより、ミステリーなのかな。この作品を読みながら、先日読んだ「千年樹」を思い出してしまった。あの楠とは別ものよねぇ・・・ねぇ。
・しんちゃんの自転車
なんとなーく表題作の「押入れのちよ」と同じ匂いのする作品。切ないというかね、心の奥がツーンとくるようなお話でした。

押入れのちよ

この記事へのコメント

2007年08月11日 20:34
展開が読める作品もいくつかありましたが、でも読んでいて怖くなったり、笑えたりと楽しく読むことが出来ました。
この短編集のイメージを決定付けてくれたのが、ちよでしたね。
すずな@主
2007年08月12日 11:10
>エビノートさん
ちよは可愛かったですね。さすがに表題作だけあるなーという感じでした。
どきどきしたり、ぞわぞわしたり、ふふふふとなったりで、楽しく読める短編集でしたねー。
らぶほん
2007年09月28日 18:55
こんばんは。表紙に描かれているのは「ちよ」だと思うのですが、私のイメージとは少し違いました。読んでみたらもっと可愛いらしい感じを受けたのです。自宅にこられたら困るけれど、憎めない存在でラストもあたたかさが残る作品でした。苦手な作品も中にはありましたが、「木下闇」などは好きな作品でした。
すずな@主
2007年09月29日 10:10
>らぶほんさん
初めまして。
TB&コメントありがとうございます!
表紙のちよ、私のイメージとも違います~^^;表紙はちょっと怖いですよね;;;もう少し、ほんわかと可愛いイメージです。
「木下闇」は、死んだ妹が姉を呼んで・・・という怖さが印象に残っています。

この記事へのトラックバック

  • 押入れのちよ 〔荻原浩〕

    Excerpt: 押入れのちよ ≪内容≫ 今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。 幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-11 20:30
  • 押入れのちよ⇔荻原浩

    Excerpt: 押入れのちよ 〔荻原浩〕 今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。 幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など.. Weblog: らぶほん-本に埋もれて racked: 2007-09-28 19:14