少女には向かない職業(桜庭一樹)

桜庭作品2作目。
1作目に読んだのが「めっちゃいぃーーーーっ!!」だと、2作目を読む前にちょっとドキドキする。あれと同じくらい好きになれるかな?あれが良すぎて、比べてしまってハズレ;;;となったら嫌だなとか思っちゃって。でも、これも好きでした。寝る前にちょっと時間が空いたんで、最初だけ読もうかなーと思ってたのに、ついつい最後まで読んでしまいました。お陰でちょいと寝不足気味・・・。
ところで、桜庭さんって名前から想像して男性だと思ってたんだけど、もしかして女性なのかなぁ、と。・・・調べてみなきゃ。

中学2年生の少女が1年間で二人を殺した、っていう告白から始まる物語。
すみません!最初からネタバレしちゃいますが・・・;;;「えぇーっ!?ホントに殺したのかっ!」ってのが正直な感想でして。養父を本当に殺しちゃった時はびっくりしましたよ。まぁ半分くらいは事故というかね、ハズミみたいな感じだったんだけども。殺したくなる気持ちも分かるんだけど。なんというかね、たしかに殺したくなるくらい酷い父親なんだけど、主人公の葵が心から殺意を覚えているようには思えなかったんで。まさか本当に殺しちゃうとは思わず、読んでて本当に驚いたのです。あれ?死んじゃったよ、ホントに・・・という感じで、あっけなく殺人が終わったという印象でした。

そして、二人目の殺人。これはねぇ、読みながら、もうこれは絶対に失敗するな、というか殺人は無いな、と思ったんだけども。うーむ。そうきたか、という感じでして。はら~殺っちゃったよ・・・と、そんな風な印象でした。

どっちの殺人も、二人の少女にしてみればね、ものすっごい大変な闘いというか葛藤とかの結果なんだけども。殺人につきものの、ドロドロとしたようなものを感じさせないというかね。血生臭さがないの。そういう意味では、リアリティがいまいち無いってことになるんだろうけど、それとも、ちょっと違うような気もする・・・そんなお話でした。

ラストがね、とっても意外な終わり方で。まさに、「えぇーっ!そうくるかっ!?」でしたねぇ、私的に。・・・実は、ちょっと残念;;;でも、タイトルから考えると、そうなるのも自然なのかな、と思えないこともないけどね。

うーーん。この作品の感想は難しい。いつも以上に、上手く書けないなぁ・・・凹。

少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)

この記事へのコメント

2007年08月10日 17:13
桜庭さんは女性です。有川さんもですけど、男性名の女性作家さんって増えてるみたいです。
確かにドロドロとした、血生臭さのようなものは希薄でしたね。あえてそれは外して、気持ちの描写を克明にしていたのかもです。
ラストはあっけなくて、ちょっと残念でした。
2007年08月10日 20:51
私も随分経ってから、桜庭さんが女性だと知って驚いたんでした。
名前だけじゃ、男性か女性か分かりづらいですよね。
たまに本屋さんなどで、男性作家のコーナーにホントは女性作家の本が並んでいるのを見ると、間違ってますよ~と教えてあげたくなっちゃいます(笑)
心理描写が丁寧で、ついつい彼女たちに寄り添って読んでしまいますよね。
すずな@主
2007年08月11日 10:18
>藍色さん
女性なんですね!ありがとうございます。有川さんは本を読んでも男性だと思ってて、あとがきよんでビックリしました(笑)
ラストは本当にあっけなかったですよねぇ^^;
すずな@主
2007年08月11日 10:20
>エビノートさん
エビノートさんも男性だと思ってたんですね。お仲間ですね~(笑)
私の地元の本屋さんでは、今でも「北村薫さん」が女性作家の棚に並んでいたりします。企業努力が足りない!と、見るたびにご立腹な私(-_-;)
2007年08月11日 22:16
すずなさんこんにちは。
↑しんちゃんのURLではじめて顔見ました。この方が空手の段位者とは思えないですね~。あちきも最初は男だと思っていましたが。
TBをおそらく頂いたと思うのですが、うまく飛んでいないようなのです。お手数ですがもう一度送っていただけますか?
TBのURL↓
http://app.blog.livedoor.jp/bestbooks/tb.cgi/50652967
よろしくお願いします♪
すずな@主
2007年08月12日 10:56
>しんちゃん
おぉっ!ありがとうございますっ!!
早速、拝んできました(笑)ホント美人さんですねー。
すずな@主
2007年08月12日 10:59
>やぎっちょさん
TBのURLまで貼り付けて頂いて!ありがとうございます。無事に送れました♪お手数をお掛けしてすみません。イキオイで他のも送ってみたんですが、それは無理だったよう^^;また、いつか・・・。

やぎっちょさんも男性だと思ってたんですねー。お仲間が多くて嬉しい(違)
桜庭さん、空手段位者とは思えない!
2007年08月29日 23:36
すずなさん、こんばんは(^^)。
桜庭作品への熱冷めやらず、『少女には向かない職業』、読みました。
期待とはちょっと違ったのですが、少女たちの息苦しい切迫感が、非常にリアルでしたね。
あ、私も桜庭さんて男性だと思ってました。
『ダ・ヴィンチ』の特集を見て「え?女の人?!」と・・・。先入観はいけませんな(笑)。
すずな@主
2007年08月30日 09:47
>水無月・Rさん
赤朽葉~や七竈~とは違った感じでしたね。期待とはちょっと違ったっていうのは、分かります~。
水無月・Rさんも男性だと思ってたんですね。お仲間です♪やっぱ、先入観はいけませんね~(笑)
2007年09月06日 23:51
 私はこれが桜庭さん初だったんですが、不思議な雰囲気に引きこまれました。
 他の作品も読んでみたいです。

 ラスト、私はあれでずいぶん救われてホッとしたんですよね。。
すずな@主
2007年09月07日 11:22
>miyukichiさん
桜庭さん初読み作品がこれって、なかなか衝撃が大きかったのでは・・・^^;
でも、気に入られたみたいで良かったです。

ラストはイキナリあの展開になったので、「そうくるかっ!?」という気持ちがあったんですよね。でも、言われてみれば、あのラストで少女たちは救われたのかも・・・とも思えますね、。そうじゃなかったら、あまりにも救いがなさ過ぎですもんね・・・。
2008年04月25日 23:20
こんばんは。これも読みました。
葵のような子ども達は少なくないから、胸が痛かったです。
だからこそ余計に、ラストはそこにたどりついてよかったとほっとしました。
すずな@主
2008年04月26日 14:44
>あまねちゃん
こんな子供達が現実にもいるっていうのがね。それを思うと胸が痛い。痛いって言うのは簡単だけどね・・・ね。
これを読んだ時は、あんなに闘ったのに・・・という思いが先にたっちゃったんだけど、よく考えるとあのラストだからこそ、彼女達も救われるのかなと思えるようになった。

この記事へのトラックバック

  • 少女には向かない職業 桜庭一樹

    Excerpt: カバーフォト:Ben Jobfield。 著者はゲーム等のノベライズと、多彩なライトノベル作品を執筆。東京創元社のミステリ・フロンティアシリーズの1冊で初の一般向け作品です。「2006年度版この.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-08-10 17:14
  • 少女には向かない職業 〔桜庭一樹〕

    Excerpt: 少女には向かない職業 ≪内容≫ 島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。 強くて優しい大人になりたい。 力がほしい。 でも、どうしたらいいのかな。 これは、ふたりの少女.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-10 20:41
  • 「少女には向かない職業」桜庭一樹

    Excerpt: 少女には向かない職業桜庭 一樹 (2005/09/22)東京創元社 この商品の詳細を見る 「中学二年生の一年間で、あたし、大西葵 十三歳は、人をふたり殺した。」 この一行で始まるストーリーに.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-08-11 16:51
  • 『少女には向かない職業』/桜庭一樹 ○

    Excerpt: お?今まで水無月・Rが読んできた、昭和初期文学的桜庭一樹じゃないですね。ちょっとちがうな・・・。それも悪くないけど。 Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-08-29 22:25
  • 少女には向かない職業/桜庭一樹 [Book]

    Excerpt:  桜庭一樹:著 『少女には向かない職業』  少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア)桜庭 一樹東京創元社このアイテムの詳細を見る  少女には向かない職業=殺人。  けっこうセンセーショナルな.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-09-06 23:49
  • 少女には向かない職業

    Excerpt:  桜庭一樹 2007 創元推理文庫 青空と黄色いフリージア畑。廃墟となった建造物 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-04-25 23:17
  • 少女には向かない職業<桜庭一樹>-(本:2008年147冊目)-

    Excerpt: 少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア) # 出版社: 東京創元社 (2005/9/22) # ISBN-10: 4488017193 評価:74点 内容(「BOOK」デー.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-11-15 23:31
  • 少女には向かない職業

    Excerpt: ★★★ 作者:  桜庭一樹 出版社: 双葉社   主人公は、中学2年生の大西葵という少女。彼女は下関からほど近い、ある小さな離島に住んでいました。父親は無職で酒びたり、母親は愚痴ばかりこ.. Weblog: 自由の森学園図書館の本棚 racked: 2010-01-27 20:19
  • 桜庭一樹 『少女には向かない職業』

    Excerpt:               .. Weblog: こみち racked: 2017-11-03 01:08