烏金(西條奈加)

江戸を舞台にした人情物・・・かな。くぅーっ!こういうラストには弱いんだよなぁ。。。泣きながら読了しちゃったよ。

因業な金貸し婆お吟の元に押しかけて手伝いを始めた浅吉。その浅吉には、秘密の目的があった。浅吉の正体は?目的とは?

か弱い?お婆さんの家に転がり込んで、溜め込んでいるであろう金を・・・とくれば、いくら因業な金貸しのいけすかなお婆さん相手だとしても、なーんか小ずるいヤツって感じなんだろうけど、浅吉にはそんな印象は受けず。逆に、借金まみれになった客をどうにか立ち直らせようと、あれこれ知恵を絞り、指南していく姿には好感が持てる。これって、現代の経営指南みたいなもんよねぇ。

ちょっとずつ浅吉の正体が明かされていくんだけど、最後の最後まで本当の正体や目的が明かされない。私は「お妙がらみだな」と思ってたんだけどさ~。だからか、最初はね、借金にまみれた人達が浅吉の指南で借金を返済していく様子にワクワクしてたんだけど、なーんか途中からイマイチ感が漂ってきてたんだよねぇ。・・・ぶっちゃけ、ゴメス(「金春屋ゴメス」)の方が断然面白い!ん~これはハズレ?くらいに思ってて。うわー。ごめんなさいごめんなさいごめんなさーいっ!!平謝り(笑)
最後になって、一気に浅吉の正体や目的が明かされる。・・・もうね、涙涙なみだ・・・ですよ。「うわーそういうことか!あざぎぢぃぃぃ」とグシグシ涙声で名前を呼んじゃうよ、なイキオイで読了。はぁ~。面白かった。・・・ちょっと違うなぁ。心がほんわかとなるような良いお話を読ませてもらった、かな。

この著者さんはこれからも追っかけていきたいです。

烏金

この記事へのコメント

2007年08月29日 21:49
ゴメスの方がインパクトがあって、確かに面白いですよね~(笑)
でも、正統派の時代小説も西條さんは欠けるんだなぁ~と思ってちょっと嬉しくなっちゃいました。
ホロリときて、心あったまる内容で楽しんで読むことが出来ました~♪
すずなさんにも楽しんでいただけたようで、良かったです。
すずな@主
2007年08月30日 09:40
>エビノートさん
ゴメスがインパクトありすぎなんですよね(笑)
私も西條さんってSF要素の無いお話も書けるんだ~と思いました♪
こういうお話には弱いんですけど好きなので、今後も書いてもらえると嬉しいなぁ~と思います。
エビノートさんの記事を読まなければ、手に取るのはもっと先だったと思います。ありがとうございます♪
2007年08月31日 18:47
水をさす意見でゴメンなさい。
ゴメスも面白かったけど、自分はSF設定が苦手なので、こちらの方が肌に合いました。
ゴメスの新刊が出たら絶対に読むけど(笑)
すずな@主
2007年09月01日 11:54
>しんちゃん
お気遣いありがとうございます。ぜんぜん水をさす意見ではないと思いますよー。いろんな感想があって当然!なので、私の感想と違っていても全く気になりません。
SF設定が苦手な方には「きたきた♪これだよ!」な作品でしたよね、きっと。
次作がどんなお話になるのか楽しみですね~。順番でいくとSF設定かな?いや、ゴメスが2作続いたから次もこんな感じでしょうか?(笑)
2007年10月03日 03:10
最後まで浅吉の本当の正体が明かされないミステリー要素に引っ張られました。
気がつけば、みんな素敵なキャラクターたちでしたね。
人情ものの楽しさを味わえました。

トラバ、復旧してよかったです。
また起こったら早目のクレーム、心がけますね。
すずな@主
2007年10月03日 06:36
>藍色さん
浅吉の正体は予想と違ってて驚かされました。泣かされました^^;
登場人物たちそれぞれが個性的で暖かくって・・・泣きながらも、最後は心がほんわかとなるお話でしたね。
2007年12月06日 14:09
おもしろかったですね~。わたしも浅吉の正体、予想してたのと違ってました。…すでにどんなのを予想してたのかも忘れたわけですが。
西條さんは書く作品どれも完成度が高くてすごいなぁと思います。今のところはずれないですし。これからもペースは遅くとも、じっくり書いていってもらいたいです!
すずな@主
2007年12月06日 16:24
>まみみさん
ぐいぐいと読ませる作品で面白かったですね。
自分の予想と違う展開だと、おぉっ♪と嬉しくなっちゃいます。
私も西條さんでハズレはないです~。どれも面白い。次作が待ち長いですね。
2008年12月08日 23:51
こんばんは☆ 読んだよー。
ほっこりと優しい物語でしたね。
中身はシビアなことにも触れているのに、読後感はすっきりするところも、西條さんの力を感じます。
すずな@主
2008年12月09日 14:29
>あまねちゃん
うん。シビアな面もあったけど、最後は優しい気持ちになれるお話だったね。お陰で号泣しちゃった^^;

この記事へのトラックバック

  • 烏金 〔西條 奈加〕

    Excerpt: 烏金西條 奈加 光文社 2007-07売り上げランキング : 7738Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 婆さんが溜め込んだ金、いただくぜ! 因業な金貸し婆・お吟のもと.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-29 21:46
  • 「烏金」西條奈加

    Excerpt: 烏金西條 奈加 (2007/07)光文社 この商品の詳細を見る 浅吉は金貸し業に興味を持ったと嘯き、因業な金貸し婆のお吟に取り入る。そして斬新な発想で次々と貧乏人たちを助けつつ、利益を上げていく。.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-08-31 18:41
  • 烏金 西條奈加

    Excerpt: 装画はフジモトマサル。装丁は片岡忠彦。書き下ろし。 語り手で自称、百姓の倅の浅吉は金貸し婆・お吟を助け取り立て手伝いを開始。新しい発想で次々と回収し利益を上げ客たちに恩恵も。でも大金を狙う秘めた.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-03 03:38
  • 「烏金」 西條奈茄

    Excerpt: 烏金西條 奈加 光文社 2007-07売り上げランキング : 135587Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 因業な金貸し婆、お吟のもとに現れた謎の若い男、浅吉。お吟のもと.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-12-06 14:06
  • 烏金 西條奈加

    Excerpt: 烏金 ■やぎっちょ読書感想文 お金の話。ちょっと勉強になった 西條さんは金春屋ゴメスシリーズしか読んだことがありませんでしたが、なんとこの本はまたすごいですね。 まず知識量。江戸末期の.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-06-03 19:52
  • 烏金

    Excerpt:  西條奈加 2007 光文社 上品な時代劇だ。嫌なやつも出てくるし、人も死ぬ。売 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-12-08 23:49