金春屋ゴメス(西條奈加)

第17回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
読み始めた途端、「うっわーこれってモロ私好み~♪」と思った。やっぱファンタジーノベル大賞は相性がいいなぁ。

まず、設定が面白い!!表紙やタイトルから江戸時代のお話なんだと思ってたんだよね~。なので、のっけから「おぉっ♪」となりましたね。近未来のお話なんだよ!近未来の日本に、『江戸』という国が出来たという設定。で、この江戸国は鎖国をしていて、日本から江戸国へ入国するには300倍の倍率を潜り抜けて抽選に当たるしかない、という(笑)もう、なんていうか、私の心をホレホレ~っとくすぐりまくりですよ。

お話の展開も、こっちかなーと思ってると、うわ、そうきたかー!という感じでね。なんていうか、私的お決まりコースではなくって。大ハズレってことではないんだけど、お決まりコースをびみょーに逸れているというか、かわしているというか・・・ね。松吉の正体はアレでしょう!と思っていたら、やっぱりそれかっ!あ?でも、そっちかーっ!?という感じでして。・・・そういう、「おぉ!?」というところもまた魅力的で、すぅーーーっかりこの世界にはまり込んで読んでしまいました。とっても面白かった!!

ただ、ひとつ言わせてもらえればですね。せっかくタイトルになっているのに、ゴメスの扱いがねー;;;主人公じゃないんだもん。それなのに、なんでこのタイトルなんだろう?この作品は、これからゴメスの謎を解き明かしていく為のプロローグ的なお話なんだろうか?でも、続編のタイトルから考えてそうでもなさそうな気もするし・・・。うわーもやもやするっ!
その謎を解く為にも、とっとと続編を読まなくちゃね。

金春屋ゴメス

この記事へのコメント

2007年08月24日 22:10
すずなさんの感想を読んでいると、
自分が読んでた時のことを思い出します。
また、読み返したくなっちゃった♪
設定の面白さ、登場人物の魅力、ストーリーの楽しさと夢中になっちゃう作品ですよね。
2007年08月24日 22:21
すずなさん、こんばんは(^^)。
ブログを始める、1年ぐらい前に読みました。(なので記事はないんですけど・・・・)
私も面白かったです~♪
ゴメスの迫力、結構好きでしたね。
・・・そして、続編があることを知らなかった…もちろん、チェックですね。
すずな@主
2007年08月25日 10:29
>エビノートさん
嬉しいお言葉、どうもありがとうございます♪
そうなんですよー。設定、登場人物にストーリー展開と、どれも面白くって夢中で読んでしまいました!

>水無月・Rさん
おぉ!すでに既読だったんですね。面白かったですよね~。
続編はお互い、早く読めるといいですね(^^)
2007年08月26日 23:49
すずなちゃんが読んで楽しんでいる様子を感じて嬉しかったです♪
いろんな様子がてんこもりの欲張りな世界です。
登場人物も多いので、是非、早めに次の巻に取り掛かってくださいな。

ところで、TBを送ってくれたのかなあ?
すずなちゃんが送ってくれないわけがないと思っているのですが、どう上手く届かないことが多くて。御手数をおかけしますが、もう一度、よろしくお願いします。
すずな@主
2007年08月27日 11:55
>あまねちゃん
楽しかったよー♪
実は次巻も入手済みです(笑)今週中に手に出来るかな。
その前に、最新刊の方を読まねばなりません^^;

TB今度は大丈夫だったみたいで。良かった♪
お気遣いどうもです。
2008年03月05日 03:11
登場人物のキャラがしっかり立っていて面白かったです。
時代劇オタク松吉の本名を思い出すたびに笑いが込み上げてきてしまいます。
タイトルはゴメスのインパクトから?って思いましたが、謎ですね。
すずな@主
2008年03月07日 13:39
>藍色さん
登場人物の誰も魅力的で、設定も負けず劣らずユニークで楽しい読書になりましたね。
その中でもゴメスのインパクトは強烈でしたよね~。

こちらからのTB&コメントが不調のようです;;;コメントも拒否されてしまいました^^;;;
また、時間を置いて挑戦してみますね~。
藍色
2008年03月08日 04:10
またお手数おかけしてます、ごめんなさい。
TBだけでなくコメント拒否まで…。
ユーザーサポートに連絡しました。
また、時間を置いてよろしくお願いします(滝汗)。
すずな@主
2008年03月08日 10:56
>藍色さん
いやいや、お気になさらずに~。そのうち、出来るようになるんじゃないかと思いますので。
コメントは一記事だけは付けられたんですけどね;;;その後は何故か・・・^^;;;すみません。
コレに懲りずに、またご訪問くださいね。

この記事へのトラックバック

  • 「金春屋ゴメス」西條奈加

    Excerpt: 金春屋ゴメス西條 奈加 (2005/11)新潮社 この商品の詳細を見る 月に住めるほど文明が発達した時代に、日本国の中に鎖国した国があった。 その国の名は江戸。江戸時代をそのまま再現した国だった.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-08-24 17:12
  • 金春屋ゴメス〔西條奈加〕

    Excerpt: 金春屋ゴメス! ゴメスってなんだ? 題名の強烈さに思わず手に取った本です。 金春屋ゴメス 300倍の難関を潜り抜け、日本から江戸国へ入国を果たした大学生の辰次郎。 連れは、元外資系.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-24 22:07
  • 金春屋ゴメス

    Excerpt:  西條奈加 2005 新潮社 小気味の良い江戸言葉で啖呵を切る。歴史小説とミステ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-08-26 23:35
  • 金春屋ゴメス 西條奈加

    Excerpt: 金春屋ゴメス ■やぎっちょ書評 西條奈加さん初読。またもや男か女かよくわからない名前です。最近はやってるなぁ~。 この本はだいぶと前からよくブロガーさんの記事で拝見していましたが、なかなか食指が.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-01-10 12:05
  • 金春屋ゴメス 西條奈加

    Excerpt: 装幀は新潮社装幀室。装画は村田涼平。ゴメスシリーズ一作目。第17回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。 近未来。主人公で大学生の辰次郎は病床の父の願いで、5歳まで住んでいた日本の中の独立国家江戸国.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-03-05 03:06