うそうそ(畠中恵)

しゃばけ」シリーズ5作目。・・・3,4作目を読んでいない。図書館の本棚にはこの作品しか並んでなくてね。出来れば順番に読みたかったんで、どうしようか悩んだものの誘惑には勝てず借りてきたのでした。
2作目「ぬしさまへ」は短編だったけど、これは長編。短編はちょっと苦手意識があるので、長編でよかったなーと思いつつ読んだ。

地震のせいで怪我をした若だんな。病弱なうえに、怪我をしちゃったもんだから、それを心配した母親の言葉で箱根まで湯冶に行くことに。ということで、舞台は箱根。初めての遠出の上に、湯冶に行けば丈夫になれると聞いて、ウキウキの若だんなだったんだけど・・・。山神さまや姫神さまに天狗。おまけに、藩の存亡を賭けた武士達までやってきて、箱根ですったもんだの大騒動。なにせ、若だんなが人攫いにあっちゃうんだもんなぁ。・・・療養どころじゃないって(笑)

姫神様が若だんなを嫌う理由がね、その理屈はどうよ?という気がしないでもないけど、それには目を瞑ることにする(笑)だって、神様だしね。妖の兄や達と同じで、人間とはちょっと感覚が違うんだろうと・・・。まぁ、多少無理やりな感じで納得。
結局ところ、「隣の芝は・・・」ってことなんでしょうかね。そういうのとも、ちょっと違うような気もするけど・・・。人をうらやんでもしょうがない。自分に出来ない事を嘆くよりも、自分に出来る事を一所懸命やらなくちゃ。そうすることが、気がつくと「自分にしか出来ないこと」ってことになっていくもんなんだよ。常々、病弱でやりたいことが出来ないという思いを持つ若だんな。その忸怩たる思いを姫神に諭すように話す言葉が印象的でした。それにしても、この若だんなって、周囲に甘やかされて育った割には、己を律するということをちゃんと知ってるところが凄いなーと思う。あの環境で育ったってのに、どこでそういう精神を培ったのか疑問と言えば疑問なんだけども。まぁ、大店の若だんなってことで、小さい時から商売の厳しさはそれなりに肌で感じて育つ訳だから、その辺りで自然と身についたのかな、とも思えるけども。

今回も鳴家達がかわいい。是非、私ともジャンケン勝負をしていただきたいものです(笑)そして、新キャラのお獅子!獅子なんだから見た目は怖いんだろうけどね、尻尾をふりふりしてる姿を想像すると・・・きゃーかわいぃーっ!と女子高生のようなことを口走りそうです。私の頭の中にいるお獅子のモデルは、我が家のももちゃん(猫)なんで、「かわいー」となっちゃうのは当然なんだけど~(笑)

それにしても、朝顔って変り種の花が咲くんですねー!「変化朝顔」の品評会まであるってのが凄い。って、本当に江戸時代、そんな品評会があったのかなぁ。そして、今でもそんな品評会ってあるの?あるんなら、見てみたいなーと思ったんだけど。どうなんでしょう。調べてみよう。

うそうそ

この記事へのコメント

2007年07月12日 23:07
こんばんは!
若だんな初の遠出の旅、楽しかったですね~。
波瀾万丈で、若だんなは楽しむどころではなかったかもしれないけれど(苦笑)
若だんなの心根の真っ直ぐさに好感が持てる、あったかい作品でした。
そして、鳴家の活躍♪
新しく登場したお獅子も可愛らしかったです~♪
3・4作目未読なんですね。
「しゃばけ」シリーズってあまり順番を気にしなくても読めそうなので、この作品から前に戻っても問題なしだと思いますよ(^_^)
2007年07月13日 01:58
こんばんは。トラバできるようになったんですね!うれしいです~!!
きっとすずなさんが何度も問い合わせしてくださったからに違いありません。ありがとうございます。
これからもいっそうのおつきあい、よろしくお願いいたします。

私はこれが初読みだったのですが、長編で一気に読めて気持ちよかったです。
決して体が丈夫じゃないけれど、思いやりがあって自分に出来る事を一所懸命する若だんな、素敵でしたね。湯治にならずに強制リハビリになったみたいで残念でしたけど(笑)。
鳴家達がかわいかったですね。私もジャンケン勝負、希望します(笑)。
次の作品「ちんぷんかん」は短編集ですけど、新展開もありますので、またぜひ。
すずな@主
2007年07月13日 09:58
>エビノートさん
たしかに若だんなにとっては楽しむどころじゃなかったですね。読んでる方は、とーっても楽しませてもらったんですけど(笑)
順番を気にしなくていいんですねー。良かった♪これで心置きなく、図書館で目に付いた順に借りてきます(笑)
エビノートさんのところで「変化朝顔」のサイトを紹介されてたので、自分で調べずにすみました(笑)色んな朝顔があってびっくりでした!

>藍色さん
TBは本当にびっくりしちゃいました(笑)でも、出来るようになって良かったです。あの回答から考えて私の問合せが実ったとは思えません^^;藍色さんの方の問合せの結果じゃないでしょうか、きっと・・・。

これは一気に読めて楽しかったですね。「強制リハビリ」確かに(笑)
「ちんぷんかんぷん」では新展開ですか!楽しみです♪

この記事へのトラックバック

  • うそうそ 〔畠中恵〕

    Excerpt: うそうそ ≪内容≫ 初めての長旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件に天狗の襲撃、謎の少女の出現と、箱根でのんびり湯治の予定が思いも寄らぬ珍道中に…。 大好評「しゃばけ」シリーズ第5弾。 .. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-07-12 22:53
  • うそうそ 畠中恵

    Excerpt: 装画・挿画は柴田ゆう。 2001年「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞デビュー。しゃばけシリーズ「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」。ほかに「ゆめつげ」「とっても不.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-07-13 02:00
  • 読書:うそうそ(畠中恵)

    Excerpt: うそうそ(畠中恵) 「千年ほど迷い、うそうそ己を捜し続けている。」 時代劇アクション&ファンタジーアドベンチャー(笑)箱根編。 誰かの何かの役に立っているだろうか、若だんなとお比女は.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2007-08-29 01:03