ラッシュライフ(伊坂幸太郎)

5つの物語が同時進行して・・・と、思っていたらとんでもなかった!ふわーそうくるかぁ、という感じでして。同時進行ではなく、繋がっていたのですね。物語の中で触れられていた彼女の絵のように「バトン」されていく日々、ということなんでしょうか。

様々な人の様々なラッシュライフ。「lash life」「lush life」「rash life」「rush life」。5つの物語が交互に語られるんだけど、それが時間通りに順番に語られている訳ではない。・・・ということに気付いたのは、もう後半部分になってから。途中までは、同時進行しているのだとばっかり思っていた。そして、それぞれが色んな形で重なり合い、絡み合っているっていうことに気付いたのは後半も後半・・・。あ・・・れ?これってもしや!?うわー、あの人ってこの人だったのか!うわーあれってこういうことだったのかっ!一つ一つ種明かしされる度に、驚いたり、唸ったり、感心したり、時には歯軋りしたり・・・(笑)それにしても、私って大概鈍い・・・のかなぁ;;;ちょっと凹んでみたり。

溜めて溜めて溜めて・・・一気に謎解き!というような怒濤のラストではなくて、「ほら、これはね・・・」「ほらほら、こっちだよ・・・」「そしてね・・・」という風に、ちょっとずつ種明かしされてラストへと導かれていくという感じ。
私って、こういうの好きみたい(笑)面白かったなぁ。ますます伊坂作品にのめり込んでいきそうです。

ラッシュライフ

この記事へのコメント

2007年07月05日 20:47
こんばんは!
私も全く気付かずに読んでいたので、全てがわかったときはええぇ~ッ!と驚きました。
こんなことを思いつく伊坂さんの頭の中を覗いてみたいですよね。
2007年07月05日 21:06
すずなさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます。
こちらからも、お返しさせていただきますね。
伊坂幸太郎、面白いですよねぇ!幾つかのストーリーが絡み合って、最後にはちゃんと1つの物語にまとまる。「ナルホド!そういうことか~」とスッキリするわけですよ、ハイ。

『死神の精度』はお読みになりましたか?
死神の飄々とした仕事振りは、なかなかにいい感じですよ。よかったら、読んでみてくださいね。
2007年07月05日 21:37
こんばんは(*^^*)
ストーリーが緻密に重ねあげられいて、少しずつすべての話がつながってラストを迎えた時の素晴らしさ。さすが!伊坂幸太郎といった感じの一冊ですよね(^^)
すずな@主
2007年07月06日 08:33
>エビノートさん
共通点は「仙台駅」だけだと思ってたんで、本当に驚き!でしたよね。伊坂さんの頭の中・・・覗けるものなら覗いてみたい(笑)

>水無月・Rさん
そうです、そうです!絡まり具合がスバラシイって感じで。ラストはジクソーパズルの最後のピースがパチリとはまった時のような嬉しさを感じました。
「死神の精度」は未読です。図書館で探してみます。ありがとうございます!

>ミコさん
ラストですべてが繋がった時は、本当に「お見事!」と素直に賞賛。さすがでしたね。
2007年07月07日 22:40
 鈍さでは私も負けてません!(笑)
 てっきり同時進行だとばかり思ってました。
 そのへんの進め方、さすが上手いですよねー。

 伊坂さん、大好きな作家さんの1人です。
 善と悪に対しての価値観が自分と近いので、
 安心して読めるというのもいいです。
 (これはけっして、ワンパターン、単調、
  という意味ではなくて)
すずな@主
2007年07月08日 10:16
>miyukichiさん
お仲間がひとり(笑)
作家さんの書く作品と価値観が一緒ってのは重要なポイントですね。
私はこれから伊坂作品を読み漁ります!

この記事へのトラックバック

  • ラッシュライフ〔伊坂幸太郎〕

    Excerpt: ラッシュライフ 解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。 バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。 ミステリを読む.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-07-05 20:43
  • 『ラッシュライフ』/伊坂幸太郎 ◎

    Excerpt: (1)新幹線に乗っている精力的な画商と若い女性画家が掛けをして仙台に到着。 (2)泥棒の仕事の過程と旧友との再会。 (3)宗教家に心酔する青年が、その宗教家の解体に参加するが、それは宗教家ではなく.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-07-05 20:54
  • ラッシュライフ/伊坂幸太郎 [Book]

    Excerpt:  伊坂幸太郎:著 『ラッシュライフ』  ラッシュライフ新潮社このアイテムの詳細を見る  複数の登場人物それぞれの視点から  別々の話が描かれていき、  それぞれの鎖が、  終盤に向けてつながっていく.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-07-07 22:35
  • 「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

    Excerpt: ラッシュライフ (新潮文庫)伊坂 幸太郎 (2005/04)新潮社 この商品の詳細を見る 伊坂幸太郎のマイベスト作品を再読した。やっぱり上手い。そして面白い。その上気持ちがいい。 泥棒の黒沢.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-09-26 20:01
  • 伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

    Excerpt: ラッシュライフ (新潮文庫)伊坂 幸太郎新潮社 今回は、伊坂幸太郎『ラッシュライフ』を紹介します。本書は群像劇でシュールな世界だなとは思いますが、それだけしかないですよね。そんなに面白いかなという印.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2011-06-24 18:12