底辺女子高生(豊島ミホ)

著者の高校時代を描いたエッセイ。
自らの高校時代を「底辺」と言い切る著者。その底辺ぶりを赤裸々に語っている本書。

まずねぇ、97年に高校入学、というクダリで引くというか慄く。うぇー若いなぁ・・・と(笑)でも、年代が違っててもそんなに変わらないものだなーと、すぐに感じた。私も著者と同じように田舎で地味な高校生活を送ったんだけどね。違うのは、雪に埋もれた田舎じゃなくて、逆に雪には年に1,2度しかお目にかかれない田舎ってとこだけかな。
中学では先輩とすれ違う時は、頭を下げて挨拶するとかねぇ。でも、高校になると、そんなことする必要はなくってねぇ。うわーそうそう!そうだった!と、懐かしく思いながら読みました。

で。すっごく共感を覚えたのは体育の授業。特にバレーボールとかね。著者と同じように、すんごい運動音痴だったんで。うわーわかるわかるっ!!そうなんだよねぇっ!!みんなの冷たい視線がねーため息がねー辛かったよねぇー、と。授業でバレーボールとか、もう嫌で嫌で堪らなかったんだよね。嫌というより、居たたまれなかったというかね。さすがにサボりはしなかったけどね(笑)そんな訳で、好きではなかったけど、まだマラソンとかの方が気が楽だったなぁ。

それにしても、大胆な家出には驚いた。いやーすごい。私にもそこまでの行動力、企画力(?)があればなぁ・・・。2~3日で帰ったのかと思いきや、13日間だもんなぁ。片田舎に住む16歳が13日間。・・・私だったら出来なかっただろうなぁ、と思う。そして、直木賞を取る方法には爆笑。いやーすごいこと考えつくわ!

読みながら、「あ、これ。」「あ、これも。」「あ、これはっ!」と思う。つい先日読んだ「檸檬のころ」じゃないか。そうかー。あれかー。
この「底辺女子高生」と「檸檬のころ」。どっちかしか読んでない方は、どちらも読むことをオススメします。

底辺女子高生

この記事へのコメント

2007年07月01日 22:32
こんばんは(^^)
すずなさんて、豊島ミホさんの作品好きなんですか?結構たくさん読んでますよね?私も読みたくて「エーバーグリーン」を図書館で探したんですが無くて、リクエスト。が、未だ入荷せず、とりあえず待機です。雑誌ダヴィンチでも連載してた作家なので、とても気になっているんですよ。こんど読んだら、私も感想書きますね。
すずな@主
2007年07月02日 10:07
>ミコさん
最近、はまっちゃったんですよ~。6月に立て続けに読みました。なので、にわかファンです^^;
「エバーグリーン」は、とっても良い作品でした。早くお手に出来るといいですね。感想、楽しみに待ってます。
2007年07月02日 15:03
すずなさん、こんにちは。
いろんなことを懐かしく思い出しましたよね。
私も雪には年に1,2度しかお目にかかれない(でも夜の間に積もったらすごい…もしかして近い場所?)田舎育ちの地味な高校生活を送ってました。13日間の大胆な家出もびっくりでしたね。
今回もTBさせていただきますね。

そうそう、TBの件、やっぱりしていただいてたんですね。お手数おかけしちゃって…。ウェブリブログの方へ問い合わせをしてくださったんですね。ウェブリブログの他のサイト様、ふたりほどいらっしゃいますがトラバ届いてなくって、ほかのFC2ブログのサイト様にもやっぱり届いてなくて(企業秘密、笑)、これは相性じゃなくシステム上の問題と確信。
回答と早期改善を待ちたいと思います…(一日千秋!)。直ったら、ほかの記事にも…いいですか?。こちらにも、もちろんいいですよ(…現金な私)。
すずな@主
2007年07月02日 16:25
藍色さん、こんにちは。
これに限らず、豊島さんの作品を読むと、色々と思い出してしまいます。
いや、たぶん近くはないと・・・。まず”積もる”ってのがほとんど無いので。チラチラと舞っただけで「うわー雪だよ!ゆ、きっ♪」と、大人も子供もテンション上がるくらいの九州の片田舎です(笑)

TBの件。他のサイト様もなんですね。私の何かがいけないのかと不安だったんで、ちょっと安心。まだ、回答はないんですけどね;;;

直らなくても、合うのがあればがしがしTBくださってかまわないです。大歓迎です!
2007年07月03日 19:13
こんばんは!
年代は全く違うんだけど、私も読んでいてああ分かる~と思うことが多かったです。
すずなさんが、書いてある体育の授業。
私もプレッシャーで、ダメでした。
ボールが飛んできませんように!!とひたすら祈ってました。
九州にお住まいなんですね!
私も九州、福岡に住んでます♪
ご近所さんですね~~(^o^)/
2007年07月03日 21:42
 私も球技は苦手だったので、
 球技大会とかはけっこう苦痛でした^^;;
 体育の時間と比べて、迷惑度が違いますもんね、、

 エッセイとリンクしてたりするので、
 両方読むとより楽しめますよね。
 
すずな@主
2007年07月04日 08:31
>エビノートさん
そうそう。私も「飛んできませんようにっ!」と祈ってました(笑)・・・と、今は笑えますけど当時はね;;;
そうなんです!同じ九州ということで、以前からエビノートさんのところをコッソリ覗かせてもらってました。これからも、宜しくお願いします。

>miyukichiさん
わかります。球技大会!あの居たたまれなさが辛かったですね。
このエッセイを読んだら、他の作品をもっと読みたくなりました。

この記事へのトラックバック

  • 底辺女子高生 豊島ミホ

    Excerpt: カバーイラストは豊島ミホ(挿し絵も)。カバーデザインは鈴木成一デザイン室。 2002年『青空チェリー』で第一回女による女のためのR-18文学賞・読者賞を受賞デビュー。主な作品『檸檬のころ』『陽の.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-07-02 15:04
  • 底辺女子高生 〔豊島ミホ〕

    Excerpt: 底辺女子高生 ≪内容≫ 「本当の私」なんて探してもいません。 みっともなくもがいてる日々こそが、振り返れば青春なんです―。 「底辺」な生活から脱出するため家出した高校二年の春。 盛り下が.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-07-03 18:30
  • 底辺女子高生 豊島ミホ

    Excerpt: 底辺女子高生 この本は今日何読んだ?どうだった?のまみみさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 エッセイだったのですね。そういえばどの本かのあとがきでも.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-07-03 21:01