グラスホッパー(伊坂幸太郎)

うーん。期待が大きすぎたからか、これはイマイチ感が大きいなぁ。ラストもねぇ、それはどうなの?と言いたくなる。いつも伊坂作品に感じる爽快感というか、そういうものが感じられなかった。逆に虚しさというか、そんなものを強く感じた作品でしたね。

3人の男達が交互に語られる。読みながら、これって時間軸は一緒だよねぇ!?と疑ってしまうのは、この前に読んだ「ラッシュライフ」でのヤラレタ!感が強すぎたから(笑)思わず慎重に読み進めてしまった。

それにしても、「死」があまりにも呆気なく大量に語られる。この作品には、本当に「死」が満ち溢れてる。溢れすぎてると言ってもいいくらい。まぁ、それがこの本のテーマでもあるのかな、とも思うけど・・・。でも、こんなに次々と死が語られると、あまりにも「死」を軽く扱われてるような気がして、どうもねぇ・・・てなことも思ってしまうんだよね。

「自殺させ屋」の鯨。「殺し屋」の蝉。この作品の主人公である(だよねぇ?)妻の復讐の為に、復讐相手の会社の社員になった鈴木。3人の男達は、お互いがだんだんと近づいていって、最後には会い見える。そして、お互いが近づくにつれて、それぞれが死に歩み寄っている・・・そんな印象を受けた。
ラスト。気を抜いていたからか、最初は、・・・ん?と考えてしまった。この数行はちょっと怖いというか、唐突すぎたような印象も受けちゃったよ。結局お前もか・・・とつぶやきたくなった。

グラスホッパー

この記事へのコメント

ミコ
2007年07月22日 22:01
こんばんは(^o^)以前読んだとき、この話、読んでくウチに誰中心の話だったか分からなくなったの、覚えてます。押し屋とか鯨、蝉など殺し屋達の役割やネーミング(コードネーム?)がなんか独特。と私はその当時思いましたよ。
すずな@主
2007年07月23日 10:56
ミコさん、こんにちは。
3人それぞれが詳細に語られていて、私も途中では誰が主役?と思いながら読みました。読み終わって、主役は鈴木さんかな?という感じでした(笑)
鈴木さん以外の名前も変わってましたよねー。
2007年07月23日 23:13
 かなりダークでしたよねー。
 伊坂さんには珍しく、読後の爽快感がない作品でした^^;;

 「ラッシュライフ」でのトラウマ(?)、かなり大きかったみたいですね(笑)
 ええ、わかりますけど^^
すずな@主
2007年07月24日 09:30
miyukichiさん、こんにちは。
読後感がちょっと悪かったですよね;;;
「ラッシュライフ」をここまで引きずるとは思わなかったです;;;よく考えれば、同じ手法をそうそう使うはずが無い!ってことがわかるんですけどね^^;
2008年12月21日 15:58
こんにちは。TBさせていただきました。
面白かったですが、内容はヘビーでした。
どんどん人が死んでいきますし・・・。
鈴木は何とか生きていられましたけど、最後が無事なのかが確かではないのがちょっと怖いです。
すずな@主
2008年12月22日 10:39
>苗坊さん
”死”が近い作品でしたね。かなりヘビーで、読後感が悪かったですね;;;
すっきりしないラストでした。

この記事へのトラックバック

  • グラスホッパー/伊坂幸太郎 [Book]

    Excerpt:  伊坂幸太郎:著 『グラスホッパー』  グラスホッパー角川書店このアイテムの詳細を見る  妻を轢き逃げされた鈴木。  「自殺させ屋」の鯨。  ナイフ使いの殺し屋、蝉。  この3人の視点から、代わる代.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-07-23 23:12
  • 『グラスホッパー』(伊坂幸太郎) <感想&書評>

    Excerpt: グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)伊坂 幸太郎角川書店 2007-06売り上げランキング : 2067おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 「復�.. Weblog: Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~ racked: 2008-06-21 17:08
  • グラスホッパー 伊坂幸太郎

    Excerpt: グラスホッパー 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。 どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。 鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。 .. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-12-21 15:08
  • 読書メモ『グラスホッパー』

    Excerpt: 今日は、伊坂幸太郎『グラスホッパー』を読みました。 面白い、と聞いていたのになかなか見つからなかったのですが、やっと読めました。 『グラスホッパー』、なかなか面白かったです。 殺し屋たち.. Weblog: 自由の森学園図書館の本棚 racked: 2009-01-22 22:04