グイン・サーガ外伝21 鏡の国の戦士(栗本薫)

外伝書くより本編をとっとと書いてくれぇ~~;;;と、文句たれつつ読みました。本編も長いけど、外伝だってもう21巻目だよ。まずは本編を終わらせてから、外伝を書いてくれればいいのになぁ・・・。まぁ、本編は全く終わる気配がないけどさぁ(笑)

外伝1巻「七人の魔道師」以後のお話。ってことは、このお話が一番、未来を描いてることになる。グインが主役で、まさに「ヒロイック・ファンタジー!」なお話なんで、読んでて楽しかった。短編3篇なんで、七人の~よりちょっと軽めってのが不満と言えば不満かな。もっと、こうガッツリ!どっぷり!なお話を読みたいぞ。本編が、へんなところでウロウロとまったり~~しすぎだからさぁ。めっちゃ欲求不満気味な読者です(笑)

読んでて思ったんだけども。
悲劇的な~~って記述に、ん?となる。あ、あれ?シルヴィアって、もしかして、もしかするの?え?そうなのっ!?・・・ま、まさかね。ねぇ・・・。

それにしても、グインにもいよいよ息子ですか。ほぇーすごいなぁ、と思ったけどさ、これって未来の話でした(笑)本編ではまだまだ、まだまだな感じなんだよねぇ。本編でここら辺の話を読めるのはいつになるんでしょうね・・・。ってか、本編ではこの頃って、どういう位置づけなんでしょうね。完結より前の話なのか、完結後の話なのか・・・。


鏡の国の戦士 (ハヤカワ文庫 JA ク 2-22 グイン・サーガ外伝 21)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック