スターライト☆ぱ~ふぇくと(火浦功)

なんだか”小説を読んでいる”というよりも、”漫画を読んでいる”という感覚でした。目の前にはちゃんと文字が並んでいるんだけど、頭の中では”ギャグ漫画”が流れていく・・・という、そんな印象。ぶっちゃけると、これは文章にするよりも絵にしてくれ、という感じでして。こういうライトさを文章で読むのは、ちょっと苦手かも、と思っちゃった。

別にこのノリが嫌いという訳ではないのだけど・・・なぁ。ダーティ・ペア(高千穂遙)もこんな感じじゃなかったっけな?あれは大好きだったんだよねー。でも、これはどうもねぇ。辛口になっちゃうんだけど、読んでてちょっと疲れた。なんでだろ?と考えて、設定とかこういう文体というのが、もう古いってことなのかな、とか思っちゃったり。実際、この小説は殆どが80年代に書かれたものなんだよね。・・・ってことは、ダーティ・ペアを今読み直すと、「何これ。」って、なっちゃうってこと?うわー、それは嫌だなぁ・・・。うーん。

この小説を読みながら、何を思い浮かべてたかというと・・・。「タイムボカン・シリーズ」。うわー歳がばれる(笑)あれに似てると言ったら怒られるのかもしれないけど、あんなノリじゃなかったですか?え、違う?す、すみませーん。あくまでも私個人的な印象としては、ということで。そして、挿絵がなかったんで(ということにしておいてください)ビランデルのイメージは・・・ラインハルト様(銀河英雄伝説)。きゃぁーーーっ!銀英伝ファンに怒られるぅぅーーーっ。すみません、すみませんっ!!だって、描写的に”見た目”はそんな感じでしょ?ね、ねっ!?(必死)中身まで一緒とは言いませんよ、もちろん。見た目はラインハルト様で中身はタイムボカンの悪役、もしくはバイキンマン(あんぱんまん)。・・・あぁ、どんどん・・・以下自粛。

なんだか、書けば書くほどドツボにはまりそうなんで、このへんで。。。

スターライトぱ~ふぇくと

この記事へのコメント

あまね
2007年07月01日 16:08
うん。ラインハルト様。そのとーり!
私は「スターライト・シリーズ」は☆3つぐらいかな。

ほとんど映像のような文章表現は、今じゃ特段珍しいものじゃないですものね。
ラノベの草分けに位置づけていいのではないか、と思います。
それだけ古い……新作がない……(T_T)
すずな@主
2007年07月02日 10:03
あ~良かったぁ、賛同者がいて(笑)<ラインハルト様

草分け的作品なんだねぇ・・・。なるほど。なんか、納得です。

この記事へのトラックバック