螺鈿迷宮(海堂尊)

なんか、感想が書き難い。何と言っていいのか言葉に詰まると言うか・・・。

疲れた。読み終わって、どーーーっぷり脱力。途中から話が見えてて、それに向かって進んでいくにつれて、だんだんと義務感で読んでるような気分になってきた。ラストも、もやもや感が取れず、もうちょっとスッキリさせてくれ~~って喚きたくなりました。続編へ・・・という終わり方ではあるんだけどね。”指輪”に関しては、教えてあげてもいいんじゃないの?ちゃんと伝えてあげたのか?はっきり言えよっ!自分の中だけで消化するんじゃなーいっ!と喚きたくなりました。あ、なんか言いたい放題言い放ってますが、面白くなかったわけじゃないのよね(笑)途中で投げ出そうとは、一度も思わなかったし。でも、なかなか読み進めなかったのも事実かな。ミステリーと思って読んだら、ちょっと違ったし。

白鳥&氷姫コンビ初登場!氷姫に関しては、じらして、じらして、じらしまくられて、ようやっとお目見えっ!だったんで、もう期待感が膨らみすぎてたんだろうねぇ・・・。なんだか、あ?おやおやぁ?という感じで、かなりの期待外れでして。うーん。そんなにぶっ飛んだキャラでもなく、どっちかというと「ふつー。」という感じでしたねぇ・・・。白鳥も、なんだか真面目ムードで。やっぱ、田口とのコンビじゃないとキャラが際立たないのかな・・・。それとも、私が慣れてきたのかな・・・。

終末医療というのは考え方が様々だから、一概に善悪は付けられないとは思うけどね。「延命はしない」というのは受け入れられるけど、医者が「死を幇助」ってのは、やっぱりどうしても受け入れられないなぁ・・・。

螺鈿迷宮

この記事へのコメント

2007年06月25日 18:36
こんばんは。
確かに「あれっ?」と思うような本でしたね。
期待した「小夜」もほとんど出てこなかったし、白鳥のキレもなかった…

でも「ジェネラル…」の布石でもあったようで、中々やってくれます「海堂」さん、というところでしょうか。

次は、北に何かありそうです!
すずな@主
2007年06月26日 08:51
>juzjiさん
こんにちは。
そうなんですよ。なんか肩透かしをくらった気分でした^^;
「ジェネラル~」の布石なんですか!?
ジェネラル~は図書館で予約待ちなんですよね。早く読みたいです!
2007年07月20日 23:31
すずなさん、こんばんは(^^)。
やっぱり、バチスタシリーズ読んでからのほうがよかったのかな~、とちょっと後悔しております。もっとキレのある白鳥、ぜひ読んでみたいです。
こうなったら、すぐにバチスタシリーズの予約(図書館)を入れに行かなくては!
すずな@主
2007年07月21日 11:00
>水無月・Rさん
こんにちは。
キレのあるというか、”ぶっ飛んだ”という感じの白鳥さんです(笑)

出版社も違いますし、舞台となる病院も違ったりで、先に読んでも大丈夫だと思いますよー。
でも、バチスタ~も読んでくださいっ!とお勧めします(笑)
2008年12月01日 00:43
こんばんは。
随所で、うーんうーんとうなっています。
海堂さんに腹が立ったところもありますが、一番、海堂さんに泣かされた本にもなりました。
トクさんがね……。ああいう場面に弱いです。最後の美智さんが田口医師のところで泣くシーンもよかったです。
わがままヴァイオレットと行灯先生の間にどんな会話があったのか、今後、出てくることがあるのかな?
すずな@主
2008年12月01日 10:53
>あまねちゃん
・・・あまり印象に残ってない作品でして;;;氷姫が期待はずれだったというのが一番、よく憶えてることだったりします。。。
なので「わがままヴァイオレットと行灯先生の間の会話」って、さぁ~~っぱりわかりません^^;すんません。

この記事へのトラックバック

  • 【螺鈿迷宮】 海堂 尊 著

    Excerpt: 新年1冊目は、去年活躍した白鳥シリーズ?第3作目。 「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」の前2作に比べると、ある意味一番のミステリィかもしれない。なにしろ、前振りが長くて何が問題になっ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2007-06-25 18:26
  • 『螺鈿迷宮』/海堂尊 ◎

    Excerpt: 海堂尊、初読みです。実を言うと、「現役のお医者さんでベストセラー作家」という肩書きの凄さにちょっとビビっておりまして、いきなり『バチスタ・シリーズ』を読むのがためらわれ、でも読んでみたいよ~、というち.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-07-20 23:26
  • 螺鈿迷宮

    Excerpt:  海堂 尊 2006 角川書店 死を看取る。その体験が近すぎて、何度も涙がこみあ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-12-01 00:39