四畳半神話体系(森見登美彦)

相変らずのもりみー節に、既に免疫が出来て、すーっかり慣れてしまった自分を発見(笑)もうね、最初の一行目から違和感とか慄きとかそんなもん全く感じず、すんなりともりみーの世界にどっぷり浸かりきってしまった。

えぇ、もう、そりゃ~笑いましたです。たっぷりと笑わせてもらいました。面白かった。これって、めちゃめちゃ癖になるなぁ。ただ、イマイチと評した「新釈 走れメロス」の方が最近の作品なんだよね。これはデビュー2作目。うーん。次作はどうかこの路線でお願いしたいもんです・・・。

2章目を読み始めて、のっけから「ん?」と思う。最初はね、自分の勘違いかと思ったよ。本格的に読む前に拾い読みしたとこだっけ?ってね。でも、いや、そうじゃない!と思い至りまして、最初の章を読み返す。おぉ~そういうことかっ!!タイムトラベルなのか、それともパラレルワールド?これはどっちなのっ!?と、ワクワクしながら読んだ。最後のオチがどうなるのか、とっても楽しみで読み進めた。そういう意味でも、面白いってのとは別に楽しかったなぁ。

特に、ぶくくくくっくっくっく・・・うははははは、と笑いを噛み殺せなかったのが、綿貫さん家での”ジョニーとの激闘”(笑)もうね~、一番笑ったね。いや、をとめ(え?)がこんな場面で爆笑しちゃいけないかしら?とも思ったんだけども。でも、笑っちゃったんだからしょうがないし~。

それにしても、見覚えのある固有名詞がずらずらと並んでおりましたですね。うわー「夜は短し歩けよ乙女」よりも、こっちを先に読むべきだった;;;と後悔しきり。ちょっと残念。

「あの時、あぁしていれば・・・。」「あの時、あっちを選んでいれば・・・。」生きていれば、何度も何度も迷うというか考えてみたことがあると思う。後悔とまではいかないまでも、「あっちだったら、どうなってたのかなぁ・・・」と思うこともある。でも、実はどっちを選んでいても、最後にはそう変わらなかったのかもしれないな、変わらないのかもね、と、この作品を読んで思えた。

そういえばですね。実は「海底二万海里」って未読なのよねぇ。SFファンとしてあるまじきこと?・・・かもなぁ。なんとなーくは知ってるのよ。でも、ちゃんと読んだことない。なんだか、タイミングが合わなかったのかなぁ・・・。ということで、近いうちに、魚肉ハンバーグをじうじうと焼いて食べつつ、デザートにカステラと珈琲をいただきつつ、もちぐまをぎゅうぎゅうと胸に抱いて、海底二万海里を読もう。うん、そうしよう(笑)



*****
一部の方しか反応出来ないネタなんだけど。。。

そういや、明石さんのね、「(蛾が)むにゅっとしてました、むにゅっとしてました。」って言葉に反応。一昨年の”夏の祭り”を思い出しまして。「ムニューーーーーッって!」って、まん丸な目で必死に訴えた彼の姿が脳裏に浮かんで、うははははは~~~と溜まらず爆笑。


四畳半神話大系

この記事へのコメント

あまね
2007年06月08日 22:19
がははは。>ガッくん♪
海底二万海里はねずみの海のアトラクションしか思い浮かばないです。私も未読です。
ジョニーといい、香織さんといい、登場人?物も楽しい一冊でした。
すずな@主
2007年06月09日 11:13
そう、それそれ。ガッくん(笑)

おや。あまねちゃんも未読ですか。<海底
意外。
香織さん、見てみたーい(笑)
あまね
2007年06月09日 23:52
うっ。香織さん画像か。
香織さんの御姉妹と思しき姿に、ここでリンクをはるのは気が引けるなあ……。
首都圏ではデリバリーもあるみたいですよ。
すずな@主
2007年06月11日 08:32
うははは、すまぬ(笑)<香織さん
デリバリー!?そんなんもあるんだねぇ。
ほえー。

2007年10月19日 21:48
こんばんは♪
『木洩れ日に~』にTBありがとうございました。でもこっちにコメント書いてます(笑)

森見さん、私の中ではかなり注目株です。変人ぶりが漂い目がはなせません。『四畳半~』のパラレルワールドもかなり面白かったです。繫がり方がとっても面白い。

すずなさんの
>、「あっちだったら、どうなってたのかなぁ・・・」と思うこともある。でも、実はどっちを選んでいても、最後にはそう変わらなかったのかもしれないな、変わらないのかもね、と、この作品を読んで思えた。
というご意見に同感しました。
すずな@主
2007年10月20日 15:14
>tomekitiさん
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!

森見さん、すごい人気ですよね~。あの独特の文体に最初は引いたんですが、だんだんとクセになってきて・・・(笑)
2008年04月11日 22:51
物語を構成する要素が共通していても、それぞれ違ったキャンパスライフでしたね。
羽貫さんや樋口さんの登場ににんまりし、猫ラーメンに心惹かれ…と、楽しく読めました♪
すずな@主
2008年04月12日 13:42
>エビノートさん
同じ設定で、違ったキャンパスライフが読めて楽しかったですね~。
私も「猫ラーメン」には心惹かれました。ご相伴にあずかりたいですね(笑)
2008年06月17日 21:57
すずなさん、こんばんは(^^)。
私も!ジョニーとの激闘!!笑いを禁じ得なかったです、ええ。
いいトシした中年主婦ですが、こればかりは笑うしかないという・・・。所詮、性の違いは、マリアナ海溝より深いのでございますよ。そして判らないことは笑い飛ばすしかないというね・・・。
私も、「やっぱり発表順に読んどいた方が面白いんかな~」と思った次第であります(笑)。
すずな@主
2008年06月18日 14:34
>水無月・Rさん
おぉ!水無月・Rさんもジョニーとの激闘を楽しまれたんですね~(笑)実はですね、時々「森見+ジョニー」の検索ワードでこちらに辿り着いてる方がいらっしゃるようなんですよー。見つけるたびに、ちょっと冷や汗かいております^^;
私は発表順に読んでないないことが多いので、そういう繋がりを後で発見して、悔しいというか寂しい思いをよーくしちゃいます;;;

この記事へのトラックバック

  • 森見登美彦『四畳半神話大系』

    Excerpt: 森見登美彦『四畳半神話大系』 太田出版 2005年1月5日発行 大学三回生の春までの二年間を思い返してみて、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。 その責任はとあるサークル.. Weblog: 多趣味が趣味♪ racked: 2007-10-19 21:36
  • 四畳半神話大系<森見登美彦>-(本:2008年20冊目)-

    Excerpt: 四畳半神話大系 出版社: 太田出版 (2004/12) ISBN-10: 4872339061 評価:88点 結構とっつきにくい文章に、少々辟易としながらも読み進む。 途中から話は加.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-02-09 22:13
  • 四畳半神話大系 〔森見 登美彦〕

    Excerpt: 四畳半神話大系森見 登美彦 太田出版 2004-12売り上げランキング : 53774おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大学三回生の春までの二年間を思い返.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-04-11 22:35
  • 『四畳半神話大系』/森見登美彦 ◎

    Excerpt: 冴えない大学3回生の私。1回生の春、サークル活動のビラを手に時計台の前で、薔薇色の学生生活を夢見ていたのが分岐点。繰り返すパラレルワールド。しかし、どのルートを通っても結果は薔薇色とは縁遠く・・・。 .. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-06-17 20:54