楊令伝1 玄旗の章(北方謙三)

待ちに待った「楊令伝」!
・・・ということは無いんだよね、実は(笑)この1巻が待ちきれずに、雑誌「すばる」の方を読んでしまってたんで・・・。なので、この1巻を手にした時にそこまで感慨を感じられず、雑誌で先行してしてしまっていたことをちょっと後悔してしまいました。
と、ぐちぐち言いましたが、待っていたことには変わりなく。今後は3ヶ月に一度、漢達に会えるのかと思うとわくわくどきどき楽しみです。

この巻は、まさに序章と言う感じですね。あの大きく激しい闘いから3年後、彼らはどうしているのか。どうやって、3年間を過ごしてきたのか・・・。あの闘いから3年。よくぞ生き抜いてくれた!と、まずは賞賛を送りたい。そして、辛かっただろうに、志を捨てていない漢達に尊敬を。女性陣も素敵な人達ばかりで、今後もっともっと活躍して欲しいですね。

そしてそして!楊令ですよ!そうだろうとは思ってたけど、巻の最後になってやぁーーーーっと登場!もうねー雑誌で先行してたんだから分かってたんだけど、それでも思わずウルウルっと・・・。感涙。
はぁ、2巻が待ち遠しいなぁ。。。

楊令伝 1 (1)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック