キノの旅Ⅱ the Beautiful World(時雨沢恵一)

シリーズ2作目。

1作目とスタイル、内容共に、さほど変わらない。まぁ、簡単に言うと”教訓話”集。読みながら、なんだか遥か昔の道徳の時間を思い出しました。

言いたいことも伝えたいことも分かるんだけどね・・・。分かるんだけど、どうも表面だけ”さらっ”と流して”さぁ、次!”っていう印象が拭えない。もうちょっと、ひとつひとつのエピソードを掘り下げて、登場人物に深みが欲しいなぁ、と思うのは贅沢なんだろうか。短編集だからしょうがないのかなぁ・・・。

かなり辛口なんだけど、ちゃんと印象に残っている話もあるのよ、もちろん(笑)
「絵の話」とか「優しい国」とか、あと本好きな私にとって、「本の国」は別な意味で印象深い。「絵の話」は、後日談があってそれがあるから良かったと思う。後日談が無ければイマイチ。

この形式がこの物語の特徴なんだろうけど、出来れば長編で読んでみたいな、と思う。でも、長編になったら、この語り口に耐えられるかどうかイマイチ自信がないけど・・・。

キノの旅〈2〉the Beautiful World

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック