太陽の塔(森見登美彦)

なんだ。なんなんだ。なんて小説なんだっ!面白いじゃないかっ!めちゃめちゃ笑っちゃったじゃないかっ!こんな文体で、こんなに笑っちゃうなんて自分が一番、びっくりだよ。ホントにもう、ねぇ・・・ヤラレタ。

巷で絶賛されている”もりみー”。ちょっと前に短編を読んで、そっこー袖にした私。あ~れ~?なんで~?そんなに面白かったかなぁ~?ということで、再挑戦。が!読みたかった本は入手できず。とりあえず、この著者のデビュー作を読んでみることに。

文体がね。ちょっと引くんだよね。なんというか、私が鬼門とする”芥川賞”っぽい匂いがね。ぷんぷん漂ってきてねぇ。著者が京大生で、主人公や登場人物も京大生。匂うよねぇ。芥川臭?(きゃースンマセン;;;)でーも!それに躊躇しつつとりあえず読み進めると、すぐに笑いが訪れる。
・・・ぶ。ぶぶぶっ。ニヤニヤ。ニマニマ。うふふふふ。うはははは。色んな笑いがやってきては、去っていくって感じ。これは堪らんなー。この文体で”笑い”なんて。なんだか癖になりそう。

京大生の男臭ぁーいお話で、オタク度高し。ちょっとアブナイ男子達の妄想街道大爆走物語・・・ってのは言いすぎかな(笑)これってやっぱりストーカーじゃないか!・・・と、思うんだけど。それが気味悪くなく、笑えるのがすごい。

それにしても、この作品は『ファンタジーノベル大賞』受賞作なんだよね。えーとぉ。何故に”ファンタジー”?どこが”ファンタジー”?よくわからないんだけど。大賞ってのはね、うんうんと頷ける。面白いもん。でも、”ファンタジー”ってのが・・・?イマイチ納得できないのよねぇ。
まぁ、面白かったから良し!ってことかしらね~(笑)

太陽の塔

この記事へのコメント

2007年05月10日 20:50
再挑戦、お疲れさまです。
妄想というファンタジーを駆使している主人公ではあるから、なのかなあ?(^^;
ジャンル分けしづらい物語ですねぇ。
この男の子たちのいぢましさが可愛くなったら、ほかのモリミー作品もOKだと思いますよん。
すずな@主
2007年05月11日 11:02
ほ~なるほどね。そういうことかぁ。<妄想

他のモリミーは人気らしく、なかなか遭遇できないんだよねぇ;;;
まぁ、ぼちぼち読破します~。
あまね
2007年05月23日 23:47
一昨日と昨日、伊丹空港を利用して京都にいったんですが、着陸する前に空から太陽の塔を探してしまいました。
これを読んでから、太陽の塔を見るときのテンションが変わった気がします。
京大周辺を歩き回るだけで楽しかったです♪
すずな@主
2007年05月24日 14:29
楽しかったようで良かったね♪
良い休息になったんならいいけどなぁ。

最近、関西周辺が舞台になった小説を多く読んでるような気がしてるんだけど。
お陰で「色々と周りたーいっ!」という気分に襲われて困ります(笑)
太陽の塔や奈良に京都・・・。
2007年08月04日 14:50
はまりましたね~(笑)。
男汁満載で次々と繰り出される妄想の面白さ。
たぶん妄想がファンタジーになってるってことなのでしょう。かなり拡大解釈ですが(笑)。
展開の早さと若さゆえのばかばかしさが楽しめました。
すずな@主
2007年08月05日 06:37
>藍色さん
今までに読んだ事の無い文体&内容に、最初は戸惑ったもののだんだんとはまっていく自分が・・・(笑)
妄想=ファンタジーってことなんでしょうね、やはり。そう思うと「ファンタジーノベル大賞」も頷けます。
2007年09月08日 23:29
文体に慣れるまではちょっと大変ですよね。
でも慣れればそれも癖になる感じで、
結構スイスイ読めて、しかも笑えてしまう。
森見さんにすっかりはまってしまいました。
あとは『四畳半~』を積んであるんですが、
新刊が出るまでは勿体なくって読めない状態です。
すずな@主
2007年09月09日 09:51
>エビノートさん
ちょっと敬遠しちゃいたくなる文体なんですが、慣れてくるとそれがクセになっちゃって・・・どっぷりハマってしまいました(笑)
「四畳半~」未読なんですね。これも面白かったですよー!でも、”勿体ない”って気持ちもわかります~。
2008年03月11日 23:57
すずなさん、こんばんは(^^)。
妄想大炸裂な、濃ゆ~いお話でしたねぇ(笑)。
「どう考えてもストーカー」なのに「研究」だと主張する主人公には、是非ウラ拳でツッコミを入れたいです。妄想大暴走過ぎ。
「ええじゃないか騒動」で、一緒に踊ってみたかったです。イブなのに「ええじゃないか」そのミスマッチが素敵!って、だんだん私にも「男汁」が沸いてきたかも・・・(-_-;)。
すずな@主
2008年03月13日 11:07
>水無月・Rさん
妄想大炸裂で、なかなか衝撃的な作品でした(笑)
私も同じく、ついウラ拳でツッコミたくなったり、「ええじゃないか」と踊りたくなっちゃったりしました。見事にヤラレちゃいましたねぇ^^;;;

この記事へのトラックバック

  • 太陽の塔

    Excerpt:  森見登美彦 2007 新潮文庫 どうしよう。登場人物を笑うと、己を嘲うことにな Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-05-10 20:45
  • 太陽の塔 森見登美彦

    Excerpt: 装画は影山徹。装幀は新潮社装幀室。 2003年「太陽の塔」で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。主な作品「夜は短し歩けよ乙女」「四畳半神話大系」「きつねのはなし」「新釈走れメロス.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-08-04 14:50
  • 太陽の塔 〔森見登美彦〕

    Excerpt: 太陽の塔森見 登美彦 新潮社 2006-05売り上げランキング : 1966おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 私の大学生活には華がない。 特に女性とは絶望的.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-09-08 23:24
  • 『太陽の塔』/森見登美彦 ○

    Excerpt: いや~~。濃ゆい・・・ですな。あの森見登美彦さんが、こんな濃ゆい「男汁」たっぷりなデビューを飾っていたとは…ビックリですわ~。 Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-03-11 23:52
  • 太陽の塔

    Excerpt: ★★★★ 著者:  森見登美彦 出版社: 新潮社   「自主休学」をしている京都大学農学部の5回生「私」の物語。「私」には三回生の時、水尾さんという恋人ができた。だが結局、水尾さんにふら.. Weblog: 自由の森学園図書館の本棚 racked: 2009-02-26 19:46
  • デビュー作から妄想

    Excerpt: 小説「太陽の塔」を読みました。 著者は 森見 登美彦 森見さんのデビュー作となる本書 まさに といった感じ 大学生の青春物語なのですが・・・ そこは 妄想とストーカーちっく(笑) あの「四畳半.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-07-26 10:44