なかよし小鳩組(荻原浩)

どこぞで『オロロ畑でつかまえて』の続編だという情報を入手して、「それは読まなきゃ!」と勢い込んで読了。読み始めてすぐに勘違いに気付く。・・・あ。牛穴村のその後じゃないのかぁぁ;;;「ユニバサール広告社」のお話でした。なので、その時点でちょっと期待はずれ~な感が。

潰れる寸前の「ユニバーサル広告社」に救いの神のように降ってきたお仕事。実は、とある筋からの依頼で・・・。ということで、広告社のコピーライター杉山が主人公のお話です。広告社としての仕事以外にも、元妻や離れて暮らす娘との交流も描かれています。ん~まぁ、簡単にいうと「とうちゃん、がんばるっ!」ってお話ですね。端折りすぎ?(笑)

なんというのかなぁ。はちゃめちゃだったり、面白かったり、人情が沁みたりで、ワクワク、ドキドキ、ウルウル、ハラハラするんだけどね。どれもこれもが、”いま一歩”って感じで・・・。ツマラナイということではなく、面白かったんだけどね。「めっちゃくちゃ面白かったぁっ!!」「すんごい良かったぁっ!」って力強くは言えないなぁ、というような。まぁ、そんな感じです。
たぶん、1作目の「オロロ畑でつかまえて」の印象が強すぎたってのもあるし、牛穴村ぁ~~♪と思ってたのが違っててガックリ;;;だったてのもあるんだと思うけどね・・・。読者は独りよがりで我侭なものなのです。。。

なかよし小鳩組

この記事へのコメント

2007年08月12日 20:34
牛穴村のその後も気になりますよね!!
この作品でもたしか「オロロ豆」って出てきたような気がするんです。
そういうささいなリンクも楽しいけれど、ドド~ンと牛穴村を登場させてほしいですね。
早苗と親子二人で牛穴村に旅行した杉山が大事件に巻き込まれて…とか(笑)
すずな@主
2007年08月13日 06:47
>エビノートさん
そうなんですよ!その後、牛穴村はどうなってるんだろう?って、すっごく気になります!
杉山父娘で牛穴村旅行!うわーいいですね~。想像しただけで笑いが♪続編書いてもらえないかなぁ・・・。
2008年02月24日 19:50
先にすずなちゃんのレビューを読んでいたので、あまり期待せずに読むことができました。
百貨店でオロロ豆が売られるようになったというくだりに、嬉しくなりました。
猪熊ちゃんがどうなったか知りたいものです。続きが読みたいね。
すずな@主
2008年02月25日 14:32
>あまねちゃん
牛穴村が舞台じゃなかったけど、フトしたところで垣間見れて嬉しかったね。オロロ豆とか♪
この後が気になる終わり方だよね~。続編希望!

この記事へのトラックバック

  • なかよし小鳩組 〔荻原浩〕

    Excerpt: なかよし小鳩組 ≪内容≫ 倒産寸前の広告代理店に大仕事が舞い込んだ。 ところが依頼主はちょっとタチの悪い筋の方で…。 気持ち良く笑えて、泣けるユーモア小説。 小説すばる新人賞受賞作に続く.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-12 20:27
  • なかよし小鳩組

    Excerpt:  萩原 浩 2003 集英社文庫 いい終わり方だ。ほろりとするような、胸がしめつ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-02-24 19:35