オロロ畑でつかまえて(荻原浩)

ぶぶっ。・・・くくくく。笑いが止まらないまま読了。

こんなに面白かったとはっ!タイトルには前々から惹かれていたんだけど、なかなか手がでなかったんだよねぇ。今まで読んだ荻原作品の中で一番笑ったな、きっと。これがデビュー作ってのがビックリだよ。「明日の記憶」とは全然違う。180度違う。面白かった。

とある田舎の村で「”村おこし”をするべ!」と、青年団が一念発起。資金をかき集めて東京の広告代理店に企画を依頼する。潰れかけた広告代理店が打ち出した企画とは・・・。

イカサマ話で人を呼び、純粋な村人(青年団達)が右往左往、欲を出してウソがばれ、あわや・・・のところで大どんでん返し。そんなドタバタ劇。まぁ、そんなもんでしょう、って感じなんだけどさ~。何故か笑える。楽しかったなぁ。

結局は、そういうことよねーということですね。ちゃんと周りを見渡せば、あるべきところにあるべきものがあるっていうかさ~。わざわざイカサマ話をでっち上げなくっても、よーく見渡せば最初から足元に転がってるってことで。あ~そうか。これって、結局のところ、荻原版「青い鳥」かぁ!

そうそう。「オロロ豆」私も食べたてみたいなーっ。

オロロ畑でつかまえて

この記事へのコメント

2007年08月12日 20:21
村おこしにドタバタする様子が可笑しかったですね。
きっとこうなるんだろうなぁ~という予想どおりで、その意味では意外性はないのかもしれないんですけど、ユーモアがあふれていて楽しい読書でした。
最後は爽やかな気持ちにもなれますしね!!
すずな@主
2007年08月13日 06:44
>エビノートさん
予想通りの展開なんだけど、そうこなくっちゃ!と思えて、なおかつ笑えるという楽しいお話でしたねー♪
2007年09月03日 09:15
これがデビュー作なんですねえ。
読者にとってはあほくさいことでも、本人達はいたって本気だったり、自棄になって真剣だったり。難しいことなしに楽しめる本でした。
面白かった! 教えてくれてありがとう♪
すずな@主
2007年09月03日 10:48
>あまねちゃん
デビュー作でコレって、ちょっと驚きでしょ?
何も考えずに、うはうは笑えるお話だったね。

私の記事で「読みたい」と思ってもらえただなんて!嬉しいお言葉、本当にどうもありがとう。
2008年12月17日 23:53
こんばんわ。TBさせていただきました。
面白かったですね~^^
村人が本当に一生懸命村を盛りあげようとしているのが微笑ましかったです。
バカだなぁと思いながら笑って読みました^^
続編も楽しみです。
すずな@主
2008年12月19日 11:49
>苗坊さん
面白かったですね~!
特に村人の奮闘ぶりには、自然と声援を送っちゃいますよね。
続編も楽しかったので、是非!

この記事へのトラックバック

  • オロロ畑でつかまえて 〔荻原浩〕

    Excerpt: オロロ畑でつかまえて ≪内容≫ 人口わずか三百人。 主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。 超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった! ところ.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-08-12 20:12
  • オロロ畑でつかまえて

    Excerpt:  萩原 浩 2001 集英社文庫 オロロ畑って、何? 何の畑なんだろう??すずな Weblog: 香桑の読書室 racked: 2007-09-03 01:13
  • オロロ畑でつかまえて 荻原浩

    Excerpt: オロロ畑でつかまえて (集英社文庫) 人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。 超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった! ところが手.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-12-17 23:51
  • 荻原浩『オロロ畑でつかまえて』

    Excerpt: オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)荻原 浩集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『オロロ畑でつかまえて』を紹介します。超過疎化に悩む大牛郡牛穴村の町おこしのために、倒産寸前のユニバーサル広.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-03-02 19:55