株価暴落(池井戸潤)

専門用語とか、分かり難い言葉もあったけれどわりとスンナリ読めたかなぁ。「空飛ぶタイヤ」のイメージで読んだけど、今回は銀行を舞台にしてるだけあって涙、涙・・・というものではなかったのが、おや?という感じではあったけどね。でも、面白かった。

大手スーパーのチェーン店が連続爆破の標的にされ、脅迫状が送りつけられた。その取引先である銀行を中心に、スーパー、そのスーパー出店でかつて対立した商店街、刑事と、色んな人間模様が描かれる。爆破犯は?スーパーの未来は?銀行は融資を行うべきか?見送るべきか?主導権を握るのは?

犯人は、まぁ~そうだろうなぁ、という感じだったんだけども。昔の放火犯は一体?という気分でして。はっきり言わなかったけれど、え?あの人なのかしら?とは思いつつ。すっかり忘れ去れているようなのが気になった。たしかに、本筋には関係ないんだけどさ。
で。最後に、うっわーそうくるかっ!?という気分でして。タイトルで「株価」って言ってんだから、気付けよ、自分;;;なんだけどねぇ。はぁ、そこが関わってくるとはね、な気分でした。

株価暴落

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック