パラシュートキッド(北村英樹)

・・・うん。まぁ、うん(笑)

アメリカに留学中の大学生の視点で語られるお話なんだけども。
アルバイト先の社長が日本人中学生コウイチを預かることになった。預かるというか、日本の両親が捨て子同然に置いていったという方が正しい。「環境を変えれば・・・」という安易な考え方で、英語も分からない子供を異国にポイと放り投げて安心する。そういう両親に憤りを感じつつ、淡々と綴られる文章を淡々と読み進める。
またねー、この預かる社長もとんでもないという人で。結局、見かねた従業員と大学生が何くれと世話を焼くというか、懐かれて仕方なく相手するというか・・・。

まぁ、そんなお話、ということで。

パラシュートキッド

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック