悲しき人形つかい(梶尾真治)

タイトルからして悲哀に満ち溢れた小説だと思っていました。装丁もそんな感じだし。ところがどっこい!全然、違う。ぶっちゃけると逆にドタバタ喜劇って感じでした。なんなんだ!?どうして、あんな装丁になるのかワカランよ。タイトルに騙された感のある小説。ちょっと、それを期待してた部分もあるんで拍子抜けした部分あり。でも、それなりに面白かったんでよし、って感じかな。

「ホーキング博士に歩いてもらいたい」その一心でロボット製作の研究に励むフーテン。その彼が友人と共に引越ししたのは暴力団の縄張り争い真っ只中だった。
・・・という、おや?これはアクション物?という思いを持ちつつ読書を続ける。・・・うーん。ちょっと違う?(笑)
うははと笑って、ちょっとシンミリして、ちょびっとドキドキハラハラ。そんな感じのお話。

悲しき人形つかい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 悲しき人形つかい 【梶尾真治】

    Excerpt: ―― 急死した組長を、『脳波誘導ボディフレーム(BF)』を操って生きてるように見せかけろ! ―― ホーキング博士に自分の足で歩いてもらいたい! 無名の天才発明家・機敷野風天(フーテン)は、そ.. Weblog: *読み出したら止まらない* racked: 2007-05-29 00:12
  • 悲しき人形つかい

    Excerpt:  タイムトラベルとは全く関係のない梶尾作品を初めて読んだ。タイトルは口バート・A・ハインライン『人形つかい』のオマージュであろう。 悲しき人形つかい著者:梶尾 真治販売元:光文社Amazon.co.j.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2008-04-12 00:02
  • 梶尾真治(著)「悲しき人形つかい」★★★★★

    Excerpt: 悲しき人形つかい■ストーリー 無名の天才(?)発明家・機敷埜風天は、ホーキング博士に、自分の足で歩いてもらいたいという壮大な夢を実現すべく、脳波で動くフレーム式の介護支援機器を開発していた。しかし、ひ.. Weblog: 子育ちパパBook・Trek racked: 2008-04-13 14:18