まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)

直木賞受賞作。
正直にいうと、これで受賞?と思っちゃったんだけど・・・。期待が大きすぎたのかなぁ。面白くない訳ではないんだけど、始まりも終わりも中間もありがちな展開・・・という印象でした。

便利屋を営む主人公。やっぱりとってもお人好し。それもちょいと斜に構えた感じの。高校の同級生が転がり込んできたところから始まる連作集。ヤクザさんとのドタバタ、主人公が持つ過去や心の傷、転がり込んできた同級生の変人ぶりなどなど、どれも目新しいものがないというか・・・ねぇ。なんだか、どっかで読んだパターンだなと、ついつい意地悪な事を思ってしまった。

だからって、決してつまらなーい;;;ってことではないんだけどね。なんと言えばいいのか・・・。三浦さんの作品の中で、もしこれを一番先に読んでいたら、他の本には手を出さなかったんじゃないかなーと、そう思う。

まほろ駅前多田便利軒

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック