逃げ出した死体 伊集院大介と少年探偵(栗本薫)

伊集院大介シリーズ・・・なのかっ!?うーむ。”伊集院大介”と言っていいのか私的にびみょーな感じなんだけどねぇ。

くどいっ!もぉーねぇ;;;最初から、あまりの”くどさ”にちょっとウンザリ・・・。語り手が14歳の少年だから、しょうがないとは思うけどさ~。くどくどくどくど、くどくどくどくど・・・って。ぎぃぃっ!!とっとと話を進めんかいっっ。と、文句のひとつも言いたくなりますよ。

中学生の”ぼく”が帰宅したら、玄関に知らない男の人の死体がいた。ところが、警察に通報している間に、その死体が消えてしまった。死体は何処に?そして、誰?・・・というところから始まる、ハラハラドキドキのミステリー。早い段階で、アトムくんが登場するんだけど、ほんっとに脇役程度で。物語の大半は、ほぼ少年がひとりで推理し行動する過程が綴られている。伊集院先生は最後の謎解き部分にちょっと顔を出す程度。うーん。面白くなかった訳ではないんだけど、なんだかちょっと期待はずれ感が・・・。ここんとこ、伊集院シリーズなのに、伊集院大介が活躍・登場する話を読んでないからかなぁ。。。

逃げ出した死体 伊集院大介と少年探偵

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック