そらいろのクレヨン(蓮見圭一)

表題作を含む5編の短編集。

表題作「そらいろのクレヨン」は、子供をなくした親の心情がトツトツと語られていて胸に染みた。それ以外の短編は・・・。うーん。なんというか、胸に響かないというか・・・。意味不明というか・・・。短編だから?

そらいろのクレヨン

この記事へのコメント

なお
2007年02月27日 18:46
この本じゃないんだけど(^_^;)
蓮見圭一さんの著書で、
「水曜の朝午前3時」というのがあるのよね。
どうしても気になってたら(笑)
図書館で発見!
なかなかでした♪
すずな@主
2007年02月28日 09:39
そうそう。
私もタイトルに惹かれて読んだ(笑)<水曜の朝午前3時
内容はイマイチ覚えてないんだけど、良かった、という記憶がある^^;
あまね
2007年03月01日 00:53
タイトルにつられて買いました。<水曜の朝午前3時
まだ積読中です……。
すずな@主
2007年03月01日 11:04
ふふふ。みんな一緒☆
タイトルって大事なのねーと改めて認識(笑)

この記事へのトラックバック