最後の願い(光原百合)

最初の章を読んで嫌ぁ~~な気分になった。これはちょっと合わないかな、というかね。難しい・・・というのともちょっと違うんだけど、なんとなく不快感が残るというか・・・。それが、読み進んでいくうちに不快感みたいなものがだんだんと薄れていって、最後には涙ぐんでいたという・・・。なんだか、上手く騙された気分(笑)

短編連作集といえばいいのかな。各章には、劇団を作るために人集めをしている男性が必ず顔を出す。というよりも、劇団にスカウトしようと声を掛ける人達が、揃いも揃って何らかの問題を抱えていると言ったほうがいいのかな。その人達の問題を解決しながら、徐々に劇団員を集めていって、最後に開幕。そんなお話。

謎を解くたびに「芝居やってるから」って理由なのが、鼻につくといえば鼻につく。私が単に、その理由が気に食わないってだけなんだけど。だったら、芝居やってる人はみんな名探偵か!?なんて、意地悪なことを言いたくなるんだよねぇ(笑)ま、その人の素質?の問題なんでしょうけど。

この著者の本は初めて読んだんだけど、他の本も読んでみたいと思った。

最後の願い

この記事へのコメント

2007年08月31日 04:31
こんばんは。
何だか複雑な読後感だったみたいですね。上手く騙された気分、に、それもあるかもって思ったり(笑)。
私は仲間を増やす楽しさと、謎の解決を上手くアレンジしてるなって思いました。

最近とってもお忙しそうなので、お邪魔にならないか迷ったんですけど思い切ってトラバさせていただきました。
すずな@主
2007年08月31日 09:41
>藍色さん
TB&コメントありがとうございます!なんだかご無沙汰しちゃってましたね。お気遣いいただいてありがとうございます♪

仰るとおり、複雑な読後感でした(笑)
謎を解決しながら仲間を増やしていくっていうのは新鮮で、気がつくと最後にはすっかりハマってしまっている自分がいました^^;

この記事へのトラックバック

  • 最後の願い、光原百合

    Excerpt: カバー写真はKOICHI YOKOYAMA。「2006年度版このミステリーがすごい!」の国内編第10位を獲得。「ジャーロ」2002年から2005年にかけて不定期掲載された連作短編集。 新しく.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-08-31 04:32