安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎(松尾由美)

小学生の男の子と本物の「安楽椅子」アーチーが日常の謎を解くシリーズ2作目。

あるキッカケから意思を持ち言葉をしゃべるようになった”安楽椅子アーチー”が、持ち主である男の子が拾ってくる(笑)謎を解く。短編小説風。主人公が小学生と椅子なんで、血生臭いとか凄惨な事件が起こるわけが無く。小学生が日常で感じた、遭遇したちょっとした疑問を安楽椅子探偵さんが解いていくという感じ。

・・・1作目のほうが面白かった。
安楽椅子が男の子の話を聞いて謎を解いていく、という目新しさがあったからかどうかはわかんないけど。どうもマンネリというか、そんな感じで・・・。面白くない!ということはないんだけどね。まぁまぁといったところかな。

オランダ水牛の謎<安楽椅子探偵アーチー>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック