水滸伝(九)嵐翠の章(北方謙三)

泣いちゃいました。
今まで、何人もの漢達が死んでいっても泣かなかったんだけど。助かった命に対して泣いちゃうとは・・・。”安堵”なのかなぁ。

梁山泊の人々は「人間くさい」。一人の女の為に死を省みず必死になったり、それを仲間達が是としたり。ルールはもちろん大事だけれど、情も大事。

色んな人間模様があって、梁山泊も一枚岩ではいかなくなるのかしら・・・。ちょっと不安も感じた巻でした。

水滸伝〈9〉嵐翠の章

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック