ルドルフといくねこくるねこ(斉藤洋)

「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズ3作目。

2作目よりも面白かった!
今回はイッパイアッテナの活躍はあまり見れなかったんだけど、その分ルドルフが頑張ったっ!って感じでした。
「甘えるのと助けてもらうのは違う」というルドルフの言葉に、なるほどと感じ入ってしまいました。それから「ふなダンス」。それを心(記憶)に例えるところに思わず唸る。なんだか、色々と考えさせられた巻でした。

それにしても、やっぱり”りえちゃん”からは離れられないのねー。

ルドルフといくねこくるねこ―ルドルフとイッパイアッテナ〈3〉

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック