水滸伝(十五)折戟の章(北方謙三)

ふぅ。何とか凌ぎきった・・・という感じ。激しい大きな闘いの後の静けさとでも言えばいいのかな。でも、新たな闘いのための布石が着々と進んでるけど・・・。

そして、次世代とも言うべき子供達がそれぞれ成長してきてるし・・・。19巻のうちの15巻だもんね。最後の一山に向かって進んでて、それを越えたら新たな世代が新しい国を創る・・・という形で話が終わるのかしら~?そんなことを思う。

どっちにしても、長い長いと思っていたお話もあと4巻で終了。なんだか寂しいなぁ。。。

水滸伝〈15〉折戟の章

この記事へのコメント

あまね
2006年12月27日 23:41
読み通しているすずなちゃんがすごいと思う。
トップページが可愛い♪
すずな@主
2006年12月28日 09:11
いえいえ、読ませる著者がすごいんですよー。
なんだかね、昔「徳川家康」読んでた頃を思い出すのー(笑)

この記事へのトラックバック