水滸伝(十四)爪牙の章(北方謙三)

だんだん感覚が麻痺してきたのか、人の死を淡々と受け入れるようになってきたような気がする。そういう自分に気付いて軽く凹む。これが戦というものの怖さなのだろうか・・・。

そろそろ陽志を子午山から下山させてもいいような気もするけど。そうすると、最後の大きな闘いということになるのかな。やっぱり、どうも彼が最終的な首領ということになりそうな気がするなぁ。。。

水滸伝〈14〉爪牙の章

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック