つばき、時跳び(梶尾真治)

「タイム・トラベル・ロマンス」まさに、その言葉通りのお話。
時を超えた愛。間にはどうにもならない150年という時の流れがあって、ただ流されるしかない・・・。

タイムリミットが刻々と迫る中、二人で過ごす日々。切なさに思わず涙。
でも、ラストはどうもねぇ・・・。そのまま終わっても良かったんじゃないのかなぁ、と思ったんだけど。所謂「トレンディー・ドラマ」みたいな感じで、どうしてもハッピー・エンドにしたいのか!?と思っちゃう。いや、ハッピー・エンドが不満という訳ではないのだけど・・・。このお話では、ってこと。余韻というか、そんなものが無くなってしまったような感じで、何だかな~って・・ねぇ。
だったら、もう一人の主役である彼にも、もうちょっとスポットを当てて欲しかったなぁ・・・と思ってしまいます。彼の視点でのお話も読んでみたい。

読み終わって気付く。このお話の舞台は熊本なんだけど。そういうや、この著者の作品である「黄泉がえり」も熊本が舞台だったなぁ・・・。もしかして、著者は熊本出身者なのかしら。

つばき、時跳び

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック