NHKにようこそ!(滝本竜彦)

うはははは。やばいよ。これはヤバイよー!
と、会社で読み始めたことを後悔しつつ読み進む。面白い。笑いを堪えるの必死。
”「ナディア」はひきこもりを量産する為のNHKの陰謀だったのかーっ!”のくだりには口を押さえ、声を出さずに爆笑するのに体力・気力を使い果たしました(笑)私も見てたよ、ナディア。。。面白かったよ、たしかに。。。

ぶくくくと笑いながら読んでいたんだけど、だんだんと笑えなくなってくる。途中から真剣に真顔で読んでいる私がおりました。面白おかしく言葉を選びながら描かれているけれども、ひきこもってしまう葛藤が切々と伝わってくるというか・・・。最後まで軽いノリは続くのだけれど、自殺未遂があったりとけっこうハード。重い。

読了後はどっぷりとお疲れの私がおりました。佐藤くんや岬ちゃんを通してウッカリ自分と向き合ってしまった;;;これは、なかなか気力を使う本だなぁ・・・。

NHKにようこそ!

この記事へのコメント

あまね
2006年12月21日 00:25
あ。もしかして、この本が、レビュー100冊目? このブログは進みが速いっ。すごいです。

最初は、クライマックスはNHKに乗り込むに違いないっ!と思って読みました。
……見事に予想は外れました。
ついうっかり引きずり込まれた感のある、勢いのある小説でした。
すずな@主
2006年12月21日 08:13
まぁ、そのようで<100冊目
でも、半分はかき集め分だからねぇ^^;

私もNHKに殴りこみ(笑)だと思ってたよーっ!
嬉しい裏切りだった。

この記事へのトラックバック

  • NHKにようこそ!

    Excerpt:  滝本竜彦 2005 角川文庫 イタい。 イタイタしい。 イタすぎる……orz Weblog: 香桑の読書室 racked: 2006-12-21 00:28