三千世界の鴉を殺し やさしい悪魔(津守時生)

小説Wings(2006年9月号)掲載の短編。
「三千世界の鴉を殺し」外伝?番外編?・・・ってか、外伝と番外編の違いって何?(笑)

この作品はいっつも笑いを噛み殺すのに大変です。特に今回は、本編で真っ最中の事件終了後のお話になってるので、シリアス場面は皆無だしー。お遊びモード全開だしー。もう爆笑に次ぐ爆笑って感じでした。こんな短いお話でこんなに笑っていいのかっ!?と思うくらい。作者の言葉の選び方が絶品!だと思いますです、はい。

個人的にはルシファだけで、副官のお姉さま(?)との掛け合いが無かったのが残念と言えば残念。

既刊の本編2冊をとっとと読もう!と誓ったわたくしでした。でもね。このお話は人前で、特に会社では読めないのが難点。一人っきりで読まないと、読書しながら爆笑する怪しい人を他人様に見せるという失態を演じる羽目に陥ります。。。

小説 Wings (ウィングス) 2006年 09月号 [雑誌]

この記事へのコメント

2006年12月18日 09:51
津守さんって、もしかしたら、友人が大絶賛していた作家さんかもしれない…
この人って、15年くらい前に同人で書いてたりしたかな?
って、すずなちゃんに聞いてどうする、って感じよね。(A^_^;
すずな@主
2006年12月18日 14:40
お、そうですかぁ!
では、この機会にうっちぃもハマッテみる?(笑)
詳しくは知らないけど、15年位前なら、それもありえるかもねぇ。
どうでしょう?>あまねちゃん
と、人に振ってみる(笑)
だって、私にこの著者を進めてくれた本人なんだもーん。
あまね
2006年12月18日 23:37
うわぁ。振られている!!
同人で書いていても不思議はないというか、書いていたのかも。そこまで追いかけていないので、確実な情報じゃないですが。

本編が煮詰まり気味なので、この短編は笑いのツボをクリアヒットして気持ちよかったです。
特に冬ソナのテーマのあたり。
すずな@主
2006年12月19日 09:13
ぶ。<冬ソナ
思い出しちゃった(笑)
この短編は笑いのツボ満載って感じで読んでて楽しかった♪
貸してくれてありがとー!
2006年12月20日 13:08
すずなちゃん、あまねちゃん、ありがとー!
別ルートで調べてみたら、やっぱり同人されてた方でした。
これは読んでおくべきなんでしょうか…
ハマっちゃいそうでコワイんですけど(^^;
すずな@主
2006年12月21日 08:11
これって人によって好き嫌いが分かれるかなぁーと思うんだよねぇ・・・。
笑いのツボが同じならハマるでしょう(笑)

この記事へのトラックバック